メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012年12月1日)

Amazon Redshift クラスターのパフォーマンスをモニタリングする

概要

Amazon Redshift では、クラスターとデータベースの状態やパフォーマンスを追跡できるようにするため、パフォーマンスメトリクスとデータが提供されます。このセクションでは、Amazon Redshift (特に Amazon Redshift コンソール) で使用できるデータのタイプについて説明します。Amazon Redshift コンソールで使用できるパフォーマンスデータは、次の 2 つのカテゴリに分類されます。

  • Amazon CloudWatch メトリクス — Amazon CloudWatch メトリクス – Amazon CloudWatch メトリクスは、CPU 使用率、レイテンシー、スループットなど、クラスターの物理的な側面をモニタリングするのに役立ちます。メトリクスデータは Amazon Redshift コンソールに直接表示されます。このデータは Amazon CloudWatch コンソールでも表示できるほか、Amazon CloudWatch コマンドラインインターフェイス (CLI) や AWS Software Development Kit (SDK) など、メトリクスを操作するその他の任意の方法でも使用できます。

  • クエリ/ロードパフォーマンスデータ – パフォーマンスデータは、データベースのアクティビティとパフォーマンスをモニタリングするのに役立ちます。このデータは Amazon Redshift コンソールに集計され、Amazon CloudWatch メトリクスで表示される情報を、特定のデータベースクエリ/ロードイベントに簡単に関連付けることができます。また、ユーザー独自のカスタムパフォーマンスクエリを作成し、データベースで直接実行することもできます。クエリ/ロードパフォーマンスデータは、Amazon Redshift コンソールのみで表示されます。これは、Amazon CloudWatch メトリクスとして公開されていません。

パフォーマンスデータは Amazon Redshift コンソールに統合され、次の方法でより高いエクスペリエンスが提供されます。

  • クラスターに関連付けられたパフォーマンスデータは、クラスターを表示し、サイズ変更などクラスターに関する決定を行うためにパフォーマンスデータが必要になる可能性があるときに、コンテキストに応じて表示されます。

  • 一部のパフォーマンスメトリクスは、Amazon CloudWatch と比較して、より適切にスケーリングされた単位で Amazon Redshift コンソールに表示されます。たとえば、WriteThroughput は GB/秒で表示されますが (Amazon CloudWatch ではバイト/秒)、これはノードのストレージ容量としてより一般的な単位です。

  • クラスターのノードのパフォーマンスデータは、簡単に同じグラフに一緒に表示できるので、クラスターのすべてのノードのパフォーマンスを簡単にモニタリングできます。ただし、ノードごとのパフォーマンスデータを表示することも可能です。

Amazon Redshift では、パフォーマンスデータ (Amazon CloudWatch メトリクスおよびクエリ/ロードデータの両方) が追加料金なしで提供されます。パフォーマンスデータは毎分記録されます。パフォーマンスデータの過去の値は、Amazon Redshift コンソール内でアクセスできます。Amazon CloudWatch を使用して、Amazon CloudWatch メトリクスとして公開された Amazon Redshift パフォーマンスデータにアクセスする方法については、「Amazon CloudWatch の概要」 (Amazon CloudWatch ユーザーガイド) を参照してください。

このページの内容: