メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift コンソールでパフォーマンスデータを使用する

このセクションでは、クラスターおよびクエリのパフォーマンスに関する情報を含むパフォーマンスデータを Amazon Redshift コンソールで表示する方法について説明します。さらに、Amazon Redshift コンソールから直接クラスターメトリクスでアラームを作成できます。

Amazon Redshift コンソールでパフォーマンスデータを表示するときは、クラスター別に表示できます。クラスターのパフォーマンスデータグラフは、パフォーマンスに関するほとんどの一般的な疑問に答えるデータにアクセスできるように設計されています。一部のパフォーマンスデータ (「Amazon Redshift CloudWatch メトリクス」を参照) については、Amazon CloudWatch を使用してメトリクスグラフをさらにカスタマイズすることもできます。たとえば、長い時間を選択したり、クラスター間でメトリクスを組み合わせたりできます。Amazon CloudWatch コンソールの使用の詳細については、「Amazon CloudWatch コンソールでパフォーマンスメトリクスを使用する」を参照してください。

パフォーマンスデータの使用を開始するには、クラスターパフォーマンスダッシュボードでクラスターを見つけます。ダッシュボードは、クラスターが保守中かどうか、最近のイベント数など、クラスターの状態 ([available] など)、およびクラスターの [DB Health] ([healthy] など) を一目でわかるように表示するクラスターのリストです。ダッシュボードから対象のクラスターを選択し、クラスターの詳細に移動します。このページからは、パフォーマンスデータを含む [Events+Alarms]、[Performance]、[Queries]、[Loads] の各タブにアクセスできます。次の例に、これらのタブを示します。