メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

クラスターのパフォーマンスデータを表示する

Amazon Redshift のクラスターメトリクスを使用すると、次の一般的なパフォーマンス事例が可能になります。

  • 指定された時間範囲でクラスターメトリクスが異常かどうかを判断し、異常な場合は、パフォーマンスに影響しているクエリを識別します。

  • 過去または現在のクエリがクラスターのパフォーマンスに影響しているかどうかを確認します。問題のクエリを特定した場合は、クエリ実行中のクラスターのパフォーマンス、クエリが低速だった理由を診断するのに役立つ情報、パフォーマンスを向上させるためにできる操作、を含めた詳細を表示できます。

デフォルトのクラスター表示では、一緒にグラフ化されたすべてのノード、Average 統計、過去 1 時間のデータが表示されます。このビューは必要に応じて変更できます。HealthStatus など一部のメトリクスはリーダーノードにのみ該当し、WriteOps などその他のメトリクスはコンピューティングノードにのみ該当します。ノード表示モードを切り替えると、すべてのフィルタがリセットされます。

クラスターのパフォーマンスデータを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. 左ナビゲーションで [Clusters] をクリックします。

  3. [Cluster] リストで、パフォーマンスデータを表示するクラスターの横にある拡大鏡のアイコンをクリックします。

  4. [Performance] タブを選択します。

    デフォルトでは、パフォーマンスビューには過去 1 時間のクラスターのパフォーマンスが表示されます。ビューを微調整する必要がある場合は、次の表に示すように、使用できるフィルタがあります。

    目的 使用するフィルタ
    データを表示する時間範囲を変更する [Time Range] ドロップダウンから時間範囲を選択します。デフォルトでは、過去 1 時間が表示されます。
    データが表示される期間を変更する

    [Period] ドロップダウンから期間を選択します。デフォルトでは、5 分の期間が表示されます。メトリクスを調査するときにさらに詳細が必要な場合 (ドリルイン) や、短時間のメトリクス (例: 10 分) を表示する場合は、5 分よりも短い期間を使用します。同様に、長時間のメトリクス (例: 数日) のメトリクスを表示する場合は、5 分よりも長い期間を使用します。

    メトリクスに表示される統計を変更する

    [Statistic] ドロップダウンから統計を選択します。デフォルトでは、Average 統計が使用されます。

    表示するメトリクスを変更する (すべて、または特定のメトリクス)

    [Metrics] ドロップダウンからメトリクスを選択します。デフォルトでは、すべてのメトリクスが表示されます。

    同じグラフでノードメトリクスが個別に表示されるのか、一緒に表示されるのかを変更する

    [Nodes] ボタンをクリックします。デフォルトでは、特定のメトリクスのノードデータは組み合わされたグラフに表示されます。別のグラフにノードデータを表示するように選択した場合は、さらに個別のノードを表示または非表示にできます。

クラスターメトリクス: 例

次の例は、1 つのノードクラスターの CPUUtilization および NetworkReceiveThroughput メトリクスを示しています。この場合、クラスターメトリクスのグラフでは、1 つの線が [Shared] とマークされて表示されます。これは、リーダーノードおよびコンピューティングノードが組み合わされているためです。この例は、表示されている時間範囲で複数のクエリが実行されたことを示しています。[Queries] グラフで、2 つのメトリクスのピーク値で実行されているクエリにカーソルが置かれ、[Query ID] が右側に表示されています。次に、[Query ID] をクリックすると、実行中のクエリに関する詳細を表示できます。

次の例は、2 つのノードがあるクラスターの NetworkReceiveThroughput を示しています。リーダーノードおよび 2 つのコンピューティングノードの線を示しています。リーダーノードのメトリクスは平らであり、注目する必要はありません。これは、データはコンピューティングノードのみでロードされるためです。この例では、表示されている期間に 1 つの長いクエリが実行されたことを示しています。[Queries] グラフで、長時間実行されているクエリにカーソルが置かれ、[Query ID] が右側に表示されています。次に、[Query ID] をクリックすると、実行中のクエリに関する詳細を表示できます。クエリの実行中に NetworkReceiveThroughput 値が表示されます。

このページの内容: