メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon CloudWatch コンソールでパフォーマンスメトリクスを使用する

Amazon CloudWatch コンソールで Amazon Redshift メトリクスを使用するときは、次のいくつかのことに留意してください。

  • クエリ/ロードパフォーマンスデータを使用できるのは、Amazon Redshift コンソール内のみです。

  • Amazon CloudWatch の一部のメトリクスには、Amazon Redshift コンソールで使用されるものとは異なる単位があります。たとえば、WriteThroughput は GB/秒で表示されますが (Amazon CloudWatch ではバイト/秒)、これはノードのストレージ容量としてより一般的な単位です。

Amazon CloudWatch コンソール、コマンドラインツール、または Amazon SDK で Amazon Redshift メトリクスを使用するときは、2 つの概念に留意してください。

  • 最初に、対象のメトリクスディメンションを指定します。ディメンションは、メトリクスを一意に識別できるようにする名前と値のペアです。Amazon Redshift のディメンションは ClusterIdentifier および NodeID です。Amazon CloudWatch コンソールには、クラスターおよびノード固有のディメンションを簡単に選択できるようにするために、Redshift Cluster および Redshift Node ビューが用意されています。ディメンションの詳細については、Amazon CloudWatch Developer Guide の「Dimensions」を参照してください。

  • 2 番目に、ReadIOPS などのメトリクス名を指定します。

次の表は、使用できる Amazon Redshift メトリックディメンションのタイプをまとめたものです。すべてのデータは 1 分間隔で取得できます。無料です。

Amazon CloudWatch 名前空間 ディメンション 説明
AWS/Redshift NodeID

フィルタにより、クラスターのノードに固有のデータが要求されました。NodeID は、"Leader"、"Shared"、または "Compute-N" のいずれかになります。ここで、N はクラスターのノード数を表す 0、1、... です。"Shared" は、クラスターには 1 つのノードのみがあることを意味します。つまり、リーダーノードとコンピューティングノードが組み合わされています。

ClusterIdentifier

フィルタにより、クラスターに固有のデータが要求されました。クラスターに固有のメトリクスには、HealthStatusMaintenanceModeDatabaseConnections があります。ノードのメトリクスでもある、このディメンションの全般的なメトリクス (ReadIOPS など) は、ノードメトリクスデータの集計を表します。これらのメトリクスは、リーダーノードおよびコンピューティングノードの動作を集計するため、その解釈には注意が必要です。

ゲートウェイおよびボリュームメトリクスの使用は、その他のサービスメトリクスの使用と似ています。参考のため、Amazon CloudWatch ドキュメントに説明されている一般的な多くのタスクを以下に示します。