メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift クラスターとデータベースへのアクセス

Amazon Redshift、クラスター、およびクラスター内のデータベースの作成、管理、および削除に使用できる管理ツールとインターフェイスが複数あります。

  • Amazon Web Services 管理ツールとインターフェイスを使用すると、Amazon Redshift クラスターの作成、管理、および削除を行うことができます。これらのツールとインターフェイスは、データウェアハウスのセットアップ、操作、およびスケーリング、容量のプロビジョニング、クラスターのモニタリングとバックアップ、Amazon Redshift エンジンへのパッチやアップグレードの適用という作業を管理します。

    • AWS マネジメントコンソールを使用すると、クラスターの作成、管理、および削除を対話的に行うことができます。このガイドのトピックでは、AWS マネジメントコンソールを使用して特定のタスクを実行する場合の手順について説明します。

    • 複数ある AWS 管理インターフェイスまたは SDK のいずれかを使用して、クラスターの作成、管理、および削除をプログラムで実行することができます。詳細については、「Amazon Redshift 管理インターフェイスの使用」を参照してください。

  • Amazon Redshift クラスターを作成した後は、PostgreSQL ODBC または JDBC ドライバーで SQL ステートメントを実行するクライアントアプリケーションまたはツールを使用して、クラスター内のデータベースの作成、管理、および削除を行うことができます。

    • クライアント SQL ツールのインストールとクラスターへの接続の詳細については、「クラスターへの接続」を参照してください。

    • データベースの設計と Amazon Redshift でサポートされる SQL ステートメントの詳細については、Amazon Redshift Database Developer Guide を参照してください。

Amazon Redshift クラスターおよびデータベースの実行に使用されるインターフェイスは、セキュリティグループや IAM ポリシーなどのアクセス制御メカニズムに準拠しています。詳細については、「セキュリティ」を参照してください。