メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES とは

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) 開発者ガイドへようこそ。Amazon SES は、ユーザーが各自の E メールアドレスとドメインを使用して費用効率の高い簡単な方法で E メールを送受信するための E メールプラットフォームです。

たとえば、特価販売などのマーケティング E メールや、注文確認などの取引 E メール、ニュースレターなどのその他のタイプの通信文の送信に使用できます。Amazon SES を使用してメールを受信するときは、E メール自動応答システム、E メール登録解除システム、受信 E メールからカスタマーサポートチケットを生成するアプリケーションなどのソフトウェアソリューションを開発できます。

使用した分に対してのみ料金が発生するため、ユーザーは送受信する E メールの量を自分の都合によって調整できます。サービスのハイライト、よくある質問、料金情報については、Amazon SES の詳細ページを参照してください。

Amazon SES を使用する理由

大規模な E メールソリューションを構築することは、ビジネスにとってしばしば複雑で高コストな課題となります。E メールサーバーの管理、ネットワーク構成、IP アドレスの評価といったインフラストラクチャの課題に対処する必要があります。加えて、多くのサードパーティのメールソリューションでは、契約や価格交渉だけでなく、かなりの初期費用が必要となります。Amazon SES では、これらの課題を解消し、Amazon.com が大量のお客様向けに築いてきた長年の実績と洗練された E メールインフラストラクチャの利点を利用できます。

Amazon SES と AWS 他のサービス

Amazon SES は、AWS の他の製品とシームレスに統合されます。たとえば、以下のことが可能です。

  • AWS SDK または Amazon SES API を使用することにより、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで動作している任意のアプリケーションに E メール機能を追加します。Amazon EC2 インスタンスから Amazon SES 経由で E メールを送信する場合は、Amazon SES の使用を無料で開始できます。

  • AWS Elastic Beanstalk を使用して E メール対応アプリケーション (Amazon SES を使用して顧客にニュースレターを送信するプログラムなど) を作成します。

  • バウンスされた E メール、苦情が生成された E メール、受取人のメールサーバーに正常に配信された E メールに関する通知を受け取るように、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) をセットアップします。Amazon SES を使用して E メールを受信するときに、E メールのコンテンツを Amazon SNS トピックに公開できます。

  • AWS マネジメントコンソール を使用し、E メールの認証手段である Easy DKIM をセットアップします。任意の DNS プロバイダーで Easy DKIM を使用できますが、特に、Amazon Route 53 でドメインを管理する場合はセットアップが簡単です。

  • E メール送信に対するユーザーアクセスを管理するには、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用します。

  • 受信する E メールを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存します。

  • AWS Lambda 関数をトリガーすることで、受信する E メールに対してアクションを実行します。

  • オプションで、受信する E メールを Amazon S3 バケット内で暗号化するには、AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用します。

  • コンソールまたは Amazon SES API で行う Amazon SES API 呼び出しをログに記録するには、AWS CloudTrail を使用します。

  • メール送信イベントを Amazon CloudWatch または Amazon Kinesis Firehose に発行します。メール送信イベントを Kinesis Firehose に発行した場合、Amazon RedshiftAmazon Elasticsearch Service、または Amazon S3 でアクセスできます。

このガイドの内容

このガイドには以下のセクションがあります。

セクション 説明

E メールを送信する

Amazon SES を使用して E メールを送信する方法について説明します。

E メールの受信

Amazon SES を使用して E メールを受信する方法について説明します。

アクセスの制御

Amazon SES と AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して、どの Amazon SES リソースで、どの Amazon SES API アクションをユーザーが実行できるかを指定する方法を示します。

API 呼び出しのログ作成

AWS CloudTrail を使用してログに記録できる Amazon SES API のリストを示します。

認証情報の使用

Amazon SES で使用できる認証情報の種類と、それらの認証情報を使用できる状況について説明します。

API の使用

Amazon SES クエリ API の使用方法について説明します。

リージョン

Amazon SES を利用できる AWS リージョンの Amazon SES SMTP および API エンドポイントを一覧表示し、複数のリージョンで Amazon SES エンドポイントを使用するときの留意事項を示します。

制限

Amazon SES 内での制限を一覧表示します。

リソース

Amazon SES の使用に役立つと思われるリソースを一覧表示します。

付録

ヘッダーフィールド、サポートされない添付の種類、スクリプトに関する補足情報を提供します。

Amazon SES のさまざまなトピックに関する技術的な考察については、「Amazon SES ブログ」をご覧ください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。