メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES クイックスタート

この手順では、AWS へのサインアップ、E メールアドレスの確認、最初のメールの送信、バウンスや苦情の処理方法の検討、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) サンドボックスの外への移動の各ステップについて説明します。

以下の場合、この手順を使用します。

  • Amazon SES を試用している。

  • プログラミングしないでテスト E メールを送信したい。

  • できるだけ少ないステップでセットアップしたい。

ステップ 1: AWS にサインアップ

Amazon SES を利用する前に、AWS にサインアップする必要があります。AWS にサインアップすると、アカウントが自動的にすべての AWS サービスにサインアップされます。

手順については、「AWS にサインアップする」を参照してください。

ステップ 2: E メールアドレスの確認

Amazon SES を介してメールアドレスからメールを送信する場合は、その前に、E メールアドレスを確認してそのメールを所有していることを Amazon SES に示す必要があります。

手順については、「Amazon SES での E メールアドレスの検証」を参照してください。

ステップ 3: 最初の E メールの送信

Amazon SES コンソールを使用して E メールを簡単に送信できます。アカウントはサンドボックスと呼ばれるテスト環境に新規ユーザーとして作成されるため、確認した E メールアドレスでの E メール送受信のみができます。

手順については、「Amazon SES コンソールを使用して E メールを送信する」を参照してください。

ステップ 4: バウンスや苦情の処理方法の検討

次のステップに進む前に、バウンスや苦情の処理方法について検討する必要があります。少数の受取人に送信する場合、E メールで受け取るバウンスや苦情のフィードバックを調査し、それらの受取人をメーリングリストから削除するという簡単なプロセスになります。

ステップ 5: Amazon SES サンドボックスの外への移動

未確認の E メールアドレスに E メールを送信する、1 日あたりに送信できる E メールの数を増やす、高速で E メールを送信するためには、アカウントをサンドボックスの外に移動する必要があります。このプロセスでは、サポートセンターで SES Sending Limits Increase ケースを開く必要があります。

サンドボックスの制限の詳細、また、サンドボックスの外への移動の申請方法の詳細については、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

次のステップ

  • メールボックスシミュレーターへの E メールは送信クォータに加算されず、バウンス率や苦情率に影響しないため、自身宛てに数通のテストメールを送信した後、Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用して詳細なテストを行います。メールボックスシミュレーターの詳細については、「Amazon SES E メール送信のテスト」を参照してください。

  • 送信した E メールの数、バウンス数または受け取った苦情の数など、送信アクティビティをモニタリングします。詳細については、「Amazon SES 送信アクティビティのモニタリング」を参照してください。

  • アドレスを個別に検証せずにドメイン内の E メールアドレスから E メールを送信できるように、ドメイン全体を検証します。詳細については、「Amazon SES でのドメインの検証」を参照してください。

  • E メールを認証することにより、迷惑メールボックスではなく受取人の受信箱に E メールが配信される可能性を高めます。詳細については、「Amazon SES での E メールの認証」を参照してください。

Amazon SES のさまざまなトピックに関する技術的な考察については、「Amazon SES ブログ」をご覧ください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。