メニュー
Amazon EC2 Systems Manager
ユーザーガイド

Run Command のために CloudWatch Events を設定する

Amazon CloudWatch Events を使用して、コマンド実行ステータスの変更を記録します。状態の遷移があると実行されるルールや、関心のある 1 以上の遷移があると実行されるルールを作成できます。

CloudWatch イベントが発生した場合、ターゲットアクションとして Run Command を指定することもできます。たとえば、Auto Scaling グループ内のインスタンスがまもなく削除されるとの CloudWatch イベントがトリガーされたとします。インスタンスが削除される前にログファイルをキャプチャする Run Command スクリプトがイベントのターゲットとなるように CloudWatch を設定できます。新しいインスタンスが Auto Scaling グループで作成された場合に Run Command アクションを設定することもできます。たとえば、CloudWatch がインスタンスの作成したイベントを受け取ると、Run Command はウェブサーバーのロールを有効にする、またはインスタンスにソフトウェアをインストールできます。

Run Command のために CloudWatch Events を設定する

Run Command のステータスの変更、または特定のコマンド呼び出しのステータスの変更を通知するように CloudWatch Events を設定できます。Run Command についての通知を送信するよう CloudWatch Events を設定するには、以下の手順に従います。

Run Command のために CloudWatch Events を設定するには

  1. Sign in to the AWS Management Console and open the CloudWatch console at https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/.

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Events] を選択し、それから [Create rule] を選択します。

  3. [Event Source] で、[Event Pattern] が選択されていることを確認します。

  4. [Service Name] フィールドで、[EC2 Simple Systems Manager (SSM)] を選択します

  5. [Event Type] フィールドで、[Run Command] を選択します。

  6. 通知を受け取る詳細タイプおよびステータスを選択し、それから [Add targets] を選択します。

  7. [Select target type] リストで、ターゲットタイプを選択します。異なるタイプのターゲットの詳細については、対応する AWS のヘルプドキュメントを参照してください。

  8. [Configure details] を選択します。

  9. ルールの詳細を指定し、それから [Create rule] を選択します。

Run Command を CloudWatch Events ターゲットとして設定する

Run Command アクションを CloudWatch イベントのターゲットとして設定するには、以下の手順を使用します。

CloudWatch イベントのターゲットとして Run Command を設定するには

  1. Sign in to the AWS Management Console and open the CloudWatch console at https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/.

  2. 左のナビゲーションペインで [Events] を選択し、新しいルールを作成する、または既存のルールを編集するのいずれかを選択します。

  3. ルールの詳細を指定または確認したら、[Add target] を選択します。

  4. [Select target type] リストで、[SSM Run Command] を選択します。

  5. [Document] リストで、SSM ドキュメントを選択します。ドキュメントにより、インスタンスで Run Command が実行できるアクションのタイプが決まります。

    注記

    選択したドキュメントがインスタンスのオペレーティングシステムで実行できることを確認します。あるドキュメントは Windows または Linux オペレーティングシステムでのみ実行できます。SSM ドキュメントの詳細については、「Systems Manager ドキュメント」を参照してください。

  6. [Target key] フィールドで、"InstanceIds" または "tag:EC2_tag_name" のいずれかを指定します (いずれのオプションでも引用符を含めます)。EC2 tag: "tag:production" および "tag:server-role" を使用する [Target key] の例を示します。

  7. [Target value(s)] フィールドには、前のステップで "InstanceIds" を選択した場合、カンマで区切った 1 つ以上のインスタンス ID を指定します。前のステップで "tag:EC2_tag_name" を選択した場合、1 つ以上のタグ値を指定します。ウェブサーバーまたはデータベースなどの値を入力したら、[Add] を選択します。

     Run Command ターゲットのタグ値
  8. [Configure parameter(s)] セクションで、オプションを選択した後、選択により設定されるフィールドをすべて埋めます。オプションの詳細については、ホバーテキストを使用します。ドキュメントのパラメータフィールドの詳細については、Systems Manager Run Command を使用したコマンドの実行 を参照し、ドキュメントの手順を選んでください。

  9. アクセス権限のセクションでは、[Create a new role for this specific resource] を選択して、Run Command の必要なインスタンスプロファイルのロールで新しいロールを作成します。または、[Use existing role] を選択します。Run Command に必要なロールの詳細については、Systems Manager のセキュリティロールを設定する を参照してください。

  10. [Configure details] を選択し、ウィザードを完了します。