メニュー
Amazon EC2 Systems Manager
ユーザーガイド

インベントリ収集の設定

Amazon EC2 コンソールを使用して、マネージドインスタンスのインベントリ収集を設定するには、以下の手順を実行します。AWS CLI を使用してインベントリ収集を設定する方法の例については、「インベントリマネージャー Systems Manager のチュートリアル」を参照してください。

注記

インベントリ収集の設定を開始するには、Systems Manager ステートマネージャーの関連付けを作成します。関連付けが実行されると、Systems Manager はインベントリデータを収集します。最初に関連付けを作成せずに、aws:softwareInventory プラグインを呼び出そうとすると (例: Run Command を使用)、システムは次のエラーを返します。

aws:softwareInventory プラグインは、ssm-associate を使用して呼び出してください。

また、インスタンスには、一度に 1 つのインベントリのみ関連付けることができます。誤って、2 つ以上のインベントリを関連付けた場合、その関連付けは実行されず、インベントリデータは収集されません。

開始する前に

インベントリ収集を設定する前に、以下のタスクを完了します。

  • インスタンスが Systems Manager の前提条件を満たしていることを確認します。詳細については、「Systems Manager の前提条件」を参照してください。

  • 既存のインスタンスからインベントリを収集する場合は、SSM エージェントを更新します。詳細については、「SSM エージェントのインストール」を参照してください。

マネージドインスタンスのインベントリ収集を設定するには

  1. Amazon EC2 コンソール」を開き、ナビゲーションペインで [Systems Manager Shared Resources] を展開し、[Managed Instances] を選択します。

  2. [Setup Inventory] を選択します。

  3. EC2 タグを使用して複数のインスタンスに対してインベントリを設定する場合は、[Targets] セクションで [Specify a Tag] を選択します。インベントリに対して設定されているインスタンスを個別に選択する場合は、[Manually Select Instances] を選択します。

    注記

    タグを使用すると、以後同じタグで作成されたどのインスタンスからもインベントリがレポートされます。

  4. [Schedule] セクションで、インスタンスからインベントリメタデータを収集する頻度を選択します。

  5. [Specify Parameters] セクションで、リストを使用してさまざまなタイプのインベントリ収集を有効または無効にします。

  6. 関連付けの実行ステータスを Amazon S3 バケットに保存する場合は、[Specify Output Location] セクションで [Write to S3] を選択します。

  7. [Setup Inventory] を選択し、[OK] を選択します。

  8. [Managed Instances] ページで、インベントリ用に設定したインスタンスを選択してから、[Description] タブを選択します。インベントリ収集が処理されるまで、[Association Status] に [Pending] が表示されます。ステータスが [Failed] と表示された場合は、最新バージョンの SSM エージェントがインスタンスにインストールされていることを確認します。

  9. 収集期間が経過したら、マネージドインスタンスを選択してから、[Inventory] タブを選択します。

  10. [Inventory Type] リストを使用して、さまざまなタイプのインベントリデータをフィルタリングできます。