メニュー
Amazon EC2 Systems Manager
ユーザーガイド

Systems Manager メンテナンスウィンドウ

Systems Manager メンテナンスウィンドウでは、オペレーティングシステム (OS) のパッチ適用、ドライバーの更新、ソフトウェアのインストールなど、インスタンスに対して破壊的になり得るアクションを実行するスケジュールを定義できます。各メンテナンスウィンドウには、スケジュール、期間、登録されたターゲットのセット、登録されたタスクのセットがあります。メンテナンスウィンドウを使用して、次のようなタスクを実行できます。

  • アプリケーションのインストール、パッチの更新、SSM エージェントのインストールまたは更新、Systems Manager Run Command タスクを使用した PowerShell コマンドおよび Linux シェルスクリプトの実行。

  • Amazon マシンイメージ (AMI) の作成、ソフトウェアのブートストラップ、Systems Manager Automation を使用したインスタンスの設定。

  • インスタンスをスキャンしてパッチ更新を探すなどの追加アクションをトリガーする AWS Lambda 関数の実行。

  • インスタンスを Elastic Load Balancing 環境から削除し、インスタンスにパッチを当ててから Elastic Load Balancing 環境に戻すなどのタスクを実行する、AWS ステップ関数ステートマシンの実行。