メニュー
Amazon EC2 Systems Manager
ユーザーガイド

Systems Manager パラメータストア

Amazon EC2 Systems Manager パラメーターストアは、パスワード、データベース文字列およびライセンスコードなどの構成データを安全に保存します。パラメーターは、プレーンテキストまたは暗号化したオブジェクトとしても保存できます。これによって、これらのパラメーターをプレーンテキストで入力する必要なく、スクリプトやコマンドで参照できます。さらに、AWS の設定と自動化されたワークフロー内でパラメーターを参照することもできます。こうして全体的なセキュリティ体制を向上させます。

また、パラメーターストアはデータをフリート全体の設定ファイルではなく、一カ所の安全な場所に保管することで、設定データの管理手順を簡素化します。Amazon EC2 Container Service や AWS Lambda などの AWS サービス全体でパラメーターを参照できます。実行コマンド、ステートマネージャーや自動化などのその他の Systems Manager 機能でもパラメーターを参照できます。

パラメーターストアは、AWS Identity and Access Management (IAM) と統合してパラメータへのアクセスを制御します。どのユーザーがパラメーターにアクセスでき、どのリソースでこのパラメータを使用できるのかを指定できます。パラメーターは AWS Key Management Service に統合されるため、機密情報を暗号化してキーの安全を保護できます。また、AWS CloudTrail はパラメーターストアへのすべての呼び出しを記録するため、使用状況を監査できます。

Systems Manager パラメータの使用開始

Systems Manager パラメータの使用を開始するには、以下のタスクを完了します。

タスク 追加情報

各種の Systems Manager パラメータを使用する方法について説明します。

Systems Manager パラメータについて

パラメータを整理、作成、タグ付けする方法について説明します。

Systems Manager パラメータの使用

パラメータアクセスと通知を設定します。

Systems Manager パラメータの設定

テスト環境で Systems Manager パラメータを作成および使用する方法について説明します。

Systems Manager パラメータストアのチュートリアル

関連情報

次のブログ投稿では、パラメーターストアについての追加情報とその他の AWS サービスでこの機能を使用する方法を提供しています。