メニュー
Amazon EC2 Systems Manager
ユーザーガイド

Amazon EC2 Systems Manager とは

Amazon EC2 Systems Manager は、システムインベントリの収集、オペレーティングシステムパッチの適用、Amazon Machine Image (AMI) の作成の自動化、大規模なオペレーティングシステムとアプリケーションの設定などの管理タスクの自動化に役立つ機能のコレクションです。Systems Manager では、マネージドインスタンスの設定を安全にリモートで管理することができます。マネージドインスタンスは、Systems Manager のために設定されたハイブリッド環境の Amazon EC2 インスタンスまたはオンプレミスコンピュータです。

特徴

タスク 詳細

Run Command

Run Command では、大規模なマネージドインスタンスの設定を安全にリモートで管理することができます。Run Command を使用して、数十または数百のインスタンスのターゲットセットで、アプリケーションの更新または Linux シェルスクリプトや Windows PowerShell コマンドの実行などの臨時の変更を行います。

インベントリ

インベントリマネージャーは、マネージドインスタンスからのソフトウェアインベントリの収集プロセスを自動化します。インベントリマネージャーを使用して、OS とシステムの設定、およびアプリケーションのデプロイに関するメタデータを収集できます。

ステート管理

ステートマネージャー は、マネージドインスタンスを定義された状態に保つプロセスを自動化します。ステートマネージャーを使用して、インスタンスがスタートアップ時に特定のソフトウェアでブートストラップされたり、Windows ドメイン (Windows インスタンスのみ) に結合されたり、特定のソフトウェア更新でパッチを適用されたりするように設定できます。

オートメーション

オートメーションでは、一般的なメンテナンスとデプロイのタスクがオートメーションされます。オートメーションを使用すると、Amazon Machine Image の作成と更新、ドライバーとエージェントの更新プログラムの適用、OS パッチまたはアプリケーション更新プログラムの適用が可能になります。

パッチ管理

Patch Manager は、Windows マネージドインスタンスにパッチを適用するプロセスを自動化します。この機能では、インスタンスをスキャンして欠落しているパッチを確認し、EC2 タグを使用して欠落しているパッチを個別のインスタンスまたは大規模なグループのインスタンスに適用できます。Patch Manager のパッチベースラインには、リリースから数日以内にパッチを自動承認するためのルールと、承認および拒否されたパッチのリストが含まれています。パッチ適用を Systems Manager のメンテナンスウィンドウタスクとして実行するようスケジュールすることで、パッチを定期的にインストールできます。

メンテナンスウィンドウ

メンテナンスウィンドウでは、ビジネスクリティカルなオペレーションを中断することなく、パッチや更新プログラムのインストールなどの管理タスクを実行するようマネージドインスタンスの定期的なスケジュールを設定できます。

パラメータストア

パラメータストアは設定データの管理を一元化します。パラメータストアを使用すると、スクリプト、コマンド、または他の自動化および設定ワークフローでよく参照するパスワード、ライセンスキー、またはデータベース接続文字列を保存できます。

Systems Manager ドキュメント

Systems Manager ドキュメントはマネージドインスタンスで Systems Manager が実行するアクションを定義しています。Systems Manager には、実行時にパラメータを指定して使用できる事前設定済みのドキュメントが十数個含まれています。ドキュメントは JavaScript Object Notation (JSON) を使用し、ユーザーが指定するパラメータおよびステップが含まれます。ステップは順番に実行されます。

Systems Manager へのアクセス

次のいずれかのインターフェイスを使用して Systems Manager にアクセスできます。

  • AWS Management Console — Systems Manager へのアクセスに使用するウェブインターフェイスを提供します。

  • AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) — Systems Manager を含むさまざまな AWS のサービス用のコマンドが用意されており、Windows、Mac、および Linux でサポートされています。詳細については、「AWS コマンドラインインターフェイス」を参照してください。

  • AWS SDK — 言語固有の API を提供し、署名の計算、リクエストの再試行処理、エラー処理など、接続のさまざまな詳細を処理します。詳細については、AWS SDK を参照してください。

  • クエリ API — HTTPS リクエストを使用して呼び出す低レベル API アクションを提供します。クエリ API の使用は、Systems Manager の最も直接的なアクセス方法ですが、リクエストに署名するハッシュの生成やエラー処理など、低レベルの詳細な作業をアプリケーションで処理する必要があります。詳細については、『Amazon EC2 Systems Manager API Reference』を参照してください。

料金表

Systems Manager の機能と共有コンポーネントは、追加料金なしで提供されます。使用した Amazon EC2 リソースに対してのみ料金が発生します。

Systems Manager は以下のリファレンスにも記載されています。