タグエディタ - AWS Resource Groups とタグ

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タグエディタ

タグは、AWS リソースを特定し、整理するのに使用できる単語または語句であり、メタデータとして機能します。リソースには、最大 50 個のユーザー適用タグを含めることができます。読み取り専用のシステムタグを含めることもできます。各タグはキーと 1 つのオプションの値で構成されます。詳細については、次を参照してください。, およびコスト配分タグの使用AWS Billing and Cost Managementユーザーガイド

重要

個人情報 (PII) などの機密情報や秘匿性の高い情報はタグに格納しないでください。タグを使用して、課金および管理サービスを提供します。タグは、プライベートデータや機密データに使用することを意図していません。

リソースを作成するときにリソースにタグを追加できます。リソースのサービスコンソールまたは API を使用して、これらのタグを一度に 1 リソースずつ追加、変更、または削除することができます。複数のリソースにタグを一度に追加する、あるいは複数のリソースのタグを一度に編集または削除するには、タグエディタを使用します。タグエディタを使用してタグ付けするリソースを検索し、検索結果からそのリソースのタグを管理します。

タグエディタを起動するには

  1. AWS Management Consoleにサインインします。

  2. ナビゲーションバーで [サービス] を選択します。[Management & Governance] (管理とガバナンス) で、[Resource Groups & Tag Editor] (Resource Groups とタグエディタ) を選択します。左側のナビゲーションペインで、[Tag Editor] (タグエディタ) を選択します。

    直接リンク:AWS タグエディタ

すべてのリソースが適用されるタグを持つことができるわけではありません。タグエディタがサポートするリソースの詳細については、「AWS Resource Groupsとタグエディタで使用できるリソースタイプ」を参照してください。タグ付けするリソースタイプがサポートされていない場合は、コンソールウィンドウの左下隅にある [Feedback] (フィードバック) ツールを選択して、AWS に通知してください。

リソースのタグ付けに必要なアクセス許可やロールの詳細については、「アクセス許可の設定」を参照してください。