AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS AppSync RelationalDatabase RdsHttpEndpointConfig

RdsHttpEndpointConfig プロパティタイプを使用して AWS AppSync リレーショナルデータベースの RdsHttpEndpoint を指定します。

RdsHttpEndpointConfigAWS AppSync DataSource RelationalDatabaseConfig リソースのプロパティです。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "AwsRegion" : String, "DbClusterIdentifier" : String, "DatabaseName" : String, "Schema" : String, "AwsSecretStoreArn" : String }

YAML

AwsRegion: String DbClusterIdentifier: String DatabaseName: String Schema: String AwsSecretStoreArn: String

プロパティ

AwsRegion

rdshttpendpoint の AWS リージョン。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません

DbClusterIdentifier

rdshttpendpoint のデータベースクラスター識別子。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません

DatabaseName

リレーショナルデータベースの名前。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません

Schema

リレーショナルデータベースのスキーマ。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません

AwsSecretStoreArn

rdshttpendpoint の シークレットストア ARN。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません

以下の資料も参照してください。