AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

CodePipeline パイプラインステージアクション ActionTypeId

ActionTypeIdCodePipeline パイプライン ステージ アクション プロパティのプロパティで、CodePipeline アクションのアクションタイプとプロバイダーを指定します。

構文

JSON

{ "Category" : String, "Owner" : String, "Provider" : String, "Version" : String }

YAML

Category: String Owner: String Provider: String Version: String

プロパティ

Category

所有者 (アクションを実行するエンティティ) が実行するアクションタイプを定義するカテゴリ。選択したカテゴリにより、Provider プロパティに指定可能なプロバイダが決まります。有効な値については、AWS CodePipeline API リファレンス の「ActionTypeId」を参照してください。

Required: Yes

Type: String

Owner

アクションを実行するエンティティ。有効な値については、AWS CodePipeline API リファレンス の「ActionTypeId」を参照してください。

Required: Yes

Type: String

Provider

アクションが呼び出すサービスプロバイダ。指定できるプロバイダは、選択したカテゴリによって決まります。たとえば、Deploy カテゴリの有効なプロバイダーは CodeDeploy です。CodeDeploy として指定します。

Required: Yes

Type: String

Version

このアクションのバージョン識別子。

Required: Yes

Type: String

このページの内容: