AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer HealthCheck

Classic Load Balancer のヘルスチェック設定を指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "HealthyThreshold" : String, "Interval" : String, "Target" : String, "Timeout" : String, "UnhealthyThreshold" : String }

YAML

HealthyThreshold: String Interval: String Target: String Timeout: String UnhealthyThreshold: String

プロパティ

HealthyThreshold

ヘルスチェックが連続して何回成功したらインスタンスを Healthy とするか。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 2

最大: 10

Update requires: No interruption

Interval

各インスタンスのヘルスチェックのおおよその間隔 (秒)。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 5

最大: 300

Update requires: No interruption

Target

チェックするインスタンス。プロトコルは TCP、HTTP、HTTPS、または SSL です。有効なポートの範囲は 1~65535 です。

TCP がデフォルトであり、TCP:ポートのペアとして指定します (例: 「TCP:5000」)。この場合、ヘルスチェックは単に、指定されたポートでインスタンスへの TCP 接続を開こうとします。設定されたタイムアウト時間内に接続できなかった場合、異常と見なされます。

SSL も、SSL:ポートのペアとして指定します (例: SSL:5000)。

HTTP/HTTPS の場合は、文字列に ping パスを含める必要があります。HTTP は HTTP:ポート/ping パスのグループとして指定します (例: 「HTTP:80/weather/us/wa/seattle」)。この場合、指定されたポートとパスで対象のインスタンスに HTTP GET リクエストが送信されます。タイムアウト期間内に「200 OK」以外の応答があると、異常と見なされます。

HTTP ping ターゲット (16 ビット Unicode 文字) の全長は、1024 文字以下である必要があります。

必須: はい

タイプ: 文字列

Update requires: No interruption

Timeout

秒単位の時間で、レスポンスがない状態がこの時間を超えると、ヘルスチェックが失敗と見なされます。

この値は、Interval 値未満である必要があります。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 2

最大: 60

Update requires: No interruption

UnhealthyThreshold

ヘルスチェックが連続して何回失敗したらインスタンスを Unhealthy とするか。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 2

最大: 10

Update requires: No interruption

以下の資料も参照してください。