AWS::Events::Rule KinesisParameters - AWS CloudFormation

AWS::Events::Rule KinesisParameters

KinesisParameters プロパティタイプは、Kinesis データストリームのターゲットに対するシャード割り当てを制御する設定を指定します。

KinesisParameters は、Target プロパティタイプのプロパティです。

このオブジェクトを使用すると、イベントから抽出して Amazon Kinesis データストリームのパーティションキーとして使用する JSON パスを指定できます。これにより、イベントの送信先のシャードを制御できます。このパラメータを含めない場合、デフォルトでは eventId がパーティションキーとして使用されます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "PartitionKeyPath" : String }

YAML

PartitionKeyPath: String

プロパティ

PartitionKeyPath

イベントから抽出され、パーティションキーとして使用される JSON パス。詳細については、Amazon Kinesis Data Streams 開発者ガイドの「パーティションキー」を参照してください。

必須: はい

タイプ: 文字列

最大: 256

Update requires: No interruption