AWS::IoT::TopicRule FirehoseAction - AWS CloudFormation

AWS::IoT::TopicRule FirehoseAction

Amazon Kinesis Firehose ストリームにデータを書き込むアクションを説明します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "DeliveryStreamName" : String, "RoleArn" : String, "Separator" : String }

YAML

DeliveryStreamName: String RoleArn: String Separator: String

プロパティ

DeliveryStreamName

配信ストリーム名。

必須: はい

タイプ: 文字列

Update requires: No interruption

RoleArn

Amazon Kinesis Firehose ストリームへのアクセス権限を付与する IAM ロール。

必須: はい

タイプ: 文字列

Update requires: No interruption

Separator

Firehose ストリームに書き込まれたレコードを分割するために使用される文字区切り記号。有効値は、'\n' (改行)、'\t' (タブ)、'\r\n' (Windows 改行)、',' (コンマ) です。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

Update requires: No interruption