AWS::KinesisAnalyticsV2::ApplicationReferenceDataSource S3ReferenceDataSource - AWS CloudFormation

AWS::KinesisAnalyticsV2::ApplicationReferenceDataSource S3ReferenceDataSource

SQL ベースの Amazon Kinesis Data Analytics アプリケーションの場合、リファレンスデータが含まれている Amazon S3 のバケットおよびオブジェクトを示します。

Kinesis Data Analytics アプリケーションは 1 回のみ参照データをロードします。データが変更された場合は、アプリケーションへのデータの再ロードをトリガーする UpdateApplication オペレーションを呼び出します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "BucketARN" : String, "FileKey" : String }

YAML

BucketARN: String FileKey: String

プロパティ

BucketARN

S3 バケットの Amazon リソースネーム (ARN)。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 2048

パターン: arn:.*

Update requires: No interruption

FileKey

リファレンスデータを含むオブジェクトキー名。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 1024

Update requires: No interruption

以下の資料も参照してください。