AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::KinesisFirehose::DeliveryStream RedshiftDestinationConfiguration

RedshiftDestinationConfiguration プロパティタイプは、Amazon Kinesis Data Firehose (Kinesis Data Firehose) がデータを配信する Amazon Redshift クラスターを指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

プロパティ

CloudWatchLoggingOptions

配信ストリームの CloudWatch ログ記録オプション。

必須: いいえ

タイプ: CloudWatchLoggingOptions

Update requires: No interruption

ClusterJDBCURL

Amazon Redshift クラスターに接続するために Kinesis Data Firehose が使用する接続文字列。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

パターン: jdbc:(redshift|postgresql)://((?!-)[A-Za-z0-9-]{1,63}(?<!-)\.)+redshift\.amazonaws\.com:\d{1,5}/[a-zA-Z0-9_$]+

Update requires: No interruption

CopyCommand

Amazon S3 バケットからクラスターにデータをロードするために Kinesis Data Firehose が使用する Amazon Redshift COPY コマンドを設定します。

必須: はい

タイプ: CopyCommand

Update requires: No interruption

Password

Username プロパティで指定する Amazon Redshift ユーザーのパスワード。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 6

Update requires: No interruption

ProcessingConfiguration

Kinesis Data Firehose 配信ストリームのデータ処理設定。

必須: いいえ

タイプ: ProcessingConfiguration

Update requires: No interruption

RoleARN

Kinesis Data Firehose に Amazon S3 バケットおよび AWS KMS (データ暗号化を有効にした場合) へのアクセス権を付与する AWS Identity and Access Management (IAM) ロールの ARN。詳細については、Amazon Kinesis Data Firehose 開発者ガイドの「Amazon Redshift の送信先へのアクセス権を Kinesis Data Firehose に付与する」を参照してください。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 512

パターン: arn:.*

Update requires: No interruption

S3Configuration

Kinesis Data Firehose が最初にデータを配信する S3 バケット。データをバケット内に置いた後、Kinesis Data Firehose は COPY コマンドを使用してデータを Amazon Redshift クラスターにロードします。Amazon S3 バケットの圧縮形式には、SNAPPY または ZIP は指定しないでください。Amazon Redshift COPY コマンドではサポートされていません。

必須: はい

タイプ: S3DestinationConfiguration

Update requires: No interruption

Username

Amazon Redshift クラスターへのアクセス許可がある Amazon Redshift ユーザー。このユーザーには、S3 バケットからクラスターにデータをコピーする INSERT 権限が必要です。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

Update requires: No interruption

このページの内容: