AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

リソースタグ

Resource Tags プロパティを使用してリソースにタグを適用し、それらのリソースの識別や分類に役立てることができます。タグを適用できるのは、AWS CloudFormation がタグ付けをサポートしているリソースのみです。AWS CloudFormation でタグ付けが可能なリソースの詳細については、AWS リソースおよびプロパティタイプのリファレンス の個々のリソースを参照してください。

注記

タグ付けの実装は、リソースごとに異なる可能性があります。たとえば、AWS::AutoScaling::AutoScalingGroup には、タグ付けのスキームの一部として追加の必須プロパティ PropagateAtLaunch が用意されています。

ユーザーが定義する任意のタグに加えて、AWS CloudFormation ではプレフィックスが aws: の次のようなスタックレベルのタグが自動的に作成されます。

  • aws:cloudformation:logical-id

  • aws:cloudformation:stack-id

  • aws:cloudformation:stack-name

自動的に作成されたタグを含むすべてのスタックレベルのタグは、AWS CloudFormation がサポートするリソースに反映されます。現在のところ、タグはブロックデバイスマッピングから作成された Amazon EBS ボリュームには反映されません。

構文

JSON

{ "Key" : String, "Value" : String }

YAML

Key: String Value: String

プロパティ

Key

タグのキー名。値には長さ 1~127 文字の Unicode 文字を指定できます。ただし、aws: のプレフィックスを付けることはできません。以下の文字を使用できます。一連の Unicode 文字、数字、空白、_./=+-

必須: はい

タイプ: 文字列

Value

タグの値。値には長さ 1~255 文字の Unicode 文字を指定できます。ただし、aws: のプレフィックスを付けることはできません。以下の文字を使用できます。一連の Unicode 文字、数字、空白、_./=+-

必須: はい

タイプ: 文字列

この例は、Tags プロパティを示します。このプロパティは、このプロパティをサポートするリソースの Properties セクションに指定します。作成されたリソースは、宣言したタグでタグ付けされます。

JSON

"Tags" : [ { "Key" : "keyname1", "Value" : "value1" }, { "Key" : "keyname2", "Value" : "value2" } ]

YAML

Tags: - Key: "keyname1" Value: "value1" - Key: "keyname2" Value: "value2"

以下の資料も参照してください。