メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon S3 Bucket CorsRule

Amazon S3 Bucket CorsConfiguration プロパティのクロスオリジンアクセスルールを記述します。

構文

JSON

{ "AllowedHeaders" : [ String, ... ], "AllowedMethods" : [ String, ... ], "AllowedOrigins" : [ String, ... ], "ExposedHeaders" : [ String, ... ], "Id" : String, "MaxAge" : Integer }

YAML

AllowedHeaders: - 文字列 AllowedMethods: - 文字列 AllowedOrigins: - 文字列 ExposedHeaders: - 文字列 Id: String MaxAge: Integer

プロパティ

AllowedHeaders

Access-Control-Request-Headers ヘッダーに指定されたヘッダー。これらのヘッダーは、プリフライト OPTIONS リクエストで許可されます。プリフライト OPTIONS リクエストに応答して、Amazon S3 は、許可されているすべてのリクエストされたヘッダーを返します。

Required: No

Type: List of String values

AllowedMethods

オリジンによる実行を許可する HTTP メソッド。有効な値は、GETPUTHEADPOST、および DELETE です。

Required: Yes

Type: List of String values

AllowedOrigins

クロスドメインリクエストの送信を許可するオリジン。

Required: Yes

Type: List of String values

ExposedHeaders

クライアントアプリケーションから (たとえば、JavaScript XMLHttpRequest オブジェクトから) アクセスできる応答内の 1 つまたは複数のヘッダー。

Required: No

Type: List of String values

Id

このルールの一意な識別子。255 文字を超える値は使用できません。

Required: No

Type: String

MaxAge

指定したリソースについてブラウザがプリフライト応答をキャッシュする時間 (秒数)。

Required: No

Type: Integer

このページの内容: