AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::S3::Bucket CorsConfiguration

AWS S3 バケットのオブジェクトに対するクロスオリジンアクセスの設定について説明します。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「Cross-Origin Resource Sharing の有効化」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "CorsRules" : [ CorsRule, ... ] }

プロパティ

CorsRules

許可されているオリジンおよびメソッドのセット。

必須: はい

タイプ: CorsRule のリスト

Update requires: No interruption

このページの内容: