AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::S3::Bucket Transition

オブジェクトが指定されたストレージクラスに移行する時期を指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "StorageClass" : String, "TransitionDate" : Timestamp, "TransitionInDays" : Integer }

YAML

StorageClass: String TransitionDate: Timestamp TransitionInDays: Integer

プロパティ

StorageClass

オブジェクトの移行先となるストレージクラス。

必須: はい

タイプ: 文字列

許可された値: DEEP_ARCHIVE | GLACIER | INTELLIGENT_TIERING | ONEZONE_IA | STANDARD_IA

Update requires: No interruption

TransitionDate

指定されたストレージクラスにオブジェクトがいつ移行するかを示します。日付値は ISO 8601 形式であることが必要です。この時刻は常に午前 0 時 (UTC) となります。

必須: 条件付き

タイプ: タイムスタンプ

Update requires: No interruption

TransitionInDays

オブジェクトが、その作成後、指定されたストレージクラスに移行するまでの日数を示します。値は正の整数である必要があります。

必須: 条件付き

タイプ: 整数

Update requires: No interruption

このページの内容: