AWS::WAFv2::WebACL ManagedRuleGroupStatement - AWS CloudFormation

AWS::WAFv2::WebACL ManagedRuleGroupStatement

注記

これは AWS WAF の最新バージョンで、2019 年 11 月に AWS WAFV2 という名前でリリースされています。以前のリリースから AWS WAF リソースを移行する方法などの詳細については、AWS WAF 開発者ガイドを参照してください。

マネージドルールグループで定義されているルールの実行に使用されるルールステートメント。これを使用するには、このステートメントでベンダー名とルールグループの名前を指定します。必要な名前を取得するには、ListAvailableManagedRuleGroups を呼び出します。

NotStatement または OrStatement 内で使用するなどの場合は、ManagedRuleGroupStatement をネストすることはできません 。これは、ルール内の最上位のステートメントとしてのみ参照できます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "ExcludedRules" : [ ExcludedRule, ... ], "Name" : String, "VendorName" : String }

YAML

ExcludedRules: - ExcludedRule Name: String VendorName: String

プロパティ

ExcludedRules

ルールで設定されているアクションに関係なく、ウェブ ACL によってアクションが COUNT に設定されているルール。これにより、ウェブリクエストの動作から効果的にルールが除外されます。

必須: いいえ

タイプ: ExcludedRule のリスト

Update requires: No interruption

Name

マネージドルールグループの名前。これをベンダー名とともに使用して、ルールグループを識別します。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 128

パターン: ^[\w\-]+$

Update requires: No interruption

VendorName

マネージドルールグループのベンダーの名前。これをルールグループ名とともに使用して、ルールグループを識別します。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 128

パターン: .*\S.*

Update requires: No interruption