AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::AppStream::User

AWS::AppStream::User リソースは、AppStream 2.0 ユーザープールに新しいユーザーを作成します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::AppStream::User", "Properties" : { "AuthenticationType" : String, "FirstName" : String, "LastName" : String, "MessageAction" : String, "UserName" : String } }

YAML

Type: AWS::AppStream::User Properties: AuthenticationType: String FirstName: String LastName: String MessageAction: String UserName: String

プロパティ

AuthenticationType

ユーザーの認証タイプ。USERPOOL を指定する必要があります。

必須: はい

タイプ: 文字列

許可された値: API | SAML | USERPOOL

Update requires: Replacement

FirstName

ユーザーのファーストネームまたは指定された名前。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

最大: 2048

パターン: ^[A-Za-z0-9_\-\s]+$

Update requires: Replacement

LastName

ユーザーの名字または姓。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

最大: 2048

パターン: ^[A-Za-z0-9_\-\s]+$

Update requires: Replacement

MessageAction

ユーザープールでユーザーが作成された後に、ユーザーに送信される招待 E メールのためのアクション。SUPPRESS を指定した場合、E メールは送信されません。RESEND を指定した場合は、ユーザーのファーストネームまたは姓を指定しません。値が null の場合、E メールが送信されます。

注記

招待 E メールの一時パスワードは 7 日間のみ有効です。ユーザーがパスワードを設定しない場合、7 日以内に新しい招待 E メールを送信する必要があります。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

許可された値: RESEND | SUPPRESS

Update requires: Replacement

UserName

ユーザーの E メールアドレス。

注記

ユーザーの E メールアドレスでは、大文字と小文字は区別されます。ログイン時に、ユーザープールアカウントを作成したときに指定した E メールアドレスと同じ大文字小文字を使用しない E メールアドレスを指定した場合、「ユーザーが存在しません」というエラーメッセージが表示されます。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 128

パターン: [\p{L}\p{M}\p{S}\p{N}\p{P}]+

Update requires: Replacement

以下の資料も参照してください。

  • Amazon AppStream 2.0 API リファレンスCreateUser