AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

CodePipeline CustomActionType 設定

SettingsAWS::CodePipeline::CustomActionType リソースのプロパティで、CodePipeline カスタムアクションに関する情報を表示するためにユーザーがアクセスできる URL を指定します。

構文

JSON

{ "EntityUrlTemplate" : String, "ExecutionUrlTemplate" : String, "RevisionUrlTemplate" : String, "ThirdPartyConfigurationUrl" : String }

プロパティ

EntityUrlTemplate

CodePipeline コンソールに返される URL。CodeDeploy デプロイグループの設定ページなど、外部システムのリソースにリンクされます。

Required: No

Type: String

ExecutionUrlTemplate

CodePipeline コンソールに返される URL。CodeDeploy のコンソールページなど、外部システムの最上位のランディングページにリンクされます。

Required: No

Type: String

RevisionUrlTemplate

CodePipeline コンソールに返される URL。顧客が外部アクションの設定を更新または変更できるページにリンクされます。

Required: No

Type: String

ThirdPartyConfigurationUrl

ユーザーが外部サービスにサインアップし、サービスのアクションの初期設定を指定できるサインアップページの URL。

Required: No

Type: String

このページの内容: