AWS::Cognito::UserPoolUserToGroupAttachment - AWS CloudFormation

AWS::Cognito::UserPoolUserToGroupAttachment

指定のグループに指定のユーザーを追加します。

このアクションを呼び出すには、開発者の認証情報が必要です。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::Cognito::UserPoolUserToGroupAttachment", "Properties" : { "GroupName" : String, "Username" : String, "UserPoolId" : String } }

YAML

Type: AWS::Cognito::UserPoolUserToGroupAttachment Properties: GroupName: String Username: String UserPoolId: String

プロパティ

GroupName

グループ名。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 128

パターン: [\p{L}\p{M}\p{S}\p{N}\p{P}]+

Update requires: Replacement

Username

ユーザーのユーザー名。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 128

パターン: [\p{L}\p{M}\p{S}\p{N}\p{P}]+

Update requires: Replacement

UserPoolId

ユーザープールのユーザープール ID。

必須: はい

タイプ: 文字列

最小: 1

最大: 55

パターン: [\w-]+_[0-9a-zA-Z]+

Update requires: Replacement

戻り値

参照番号

UserToGroupAttachment-YejJvzrEXAMPLE などの生成された ID このリソースの論理 ID を組み込みの Ref 関数に渡すと、Ref は次を返します: 。

For more information about using the Ref function, see Ref.