AWS::EC2::NatGateway - AWS CloudFormation

AWS::EC2::NatGateway

指定されたパブリックサブネットでネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを指定します。NAT ゲートウェイを使用して、プライベートサブネットのインスタンスからはインターネットや他の AWS サービスに接続できるが、インターネットからはこれらのインスタンスとの接続を開始できないようにすることができます。詳細およびサンプルのアーキテクチャ図については、Amazon VPC ユーザーガイドの「NAT ゲートウェイ」を参照してください。

NAT ゲートウェイを指すデフォルトルート (AWS::EC2::Route リソース) を追加した場合は、ルートの NatGatewayId プロパティに NAT ゲートウェイの ID を指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::EC2::NatGateway", "Properties" : { "AllocationId" : String, "SubnetId" : String, "Tags" : [ Tag, ... ] } }

YAML

Type: AWS::EC2::NatGateway Properties: AllocationId: String SubnetId: String Tags: - Tag

プロパティ

AllocationId

NAT ゲートウェイに関連付ける Elastic IPアドレスの割り当て ID。Elastic IP アドレスが別のリソースと関連付けられている場合は、最初にその関連付けを解除する必要があります。

必須: はい

タイプ: 文字列

Update requires: Replacement

SubnetId

NAT ゲートウェイを作成する先のパブリックサブネット

必須: はい

タイプ: 文字列

Update requires: Replacement

Tags

タグ (キーと値のペア) をこのリソースに関連付けます。

必須: いいえ

タイプ: Tag のリスト

Update requires: No interruption

戻り値

参照番号

リソース名このリソースの論理 ID を組み込みの Ref 関数に渡すと、Ref は次を返します: 。たとえば、nat-0a12bc456789de0fg と指定します。

For more information about using the Ref function, see Ref.

NAT Gateway

次の例では、NAT ゲートウェイと NAT ゲートウェイをルートテーブルに関連付けるルートを作成します。ルートテーブルをインターネットゲートウェイに関連付けて、NAT ゲートウェイからインターネットに接続できるようにする必要があります。

JSON

"NAT" : { "Type" : "AWS::EC2::NatGateway", "Properties" : { "AllocationId" : { "Fn::GetAtt" : ["EIP", "AllocationId"]}, "SubnetId" : { "Ref" : "Subnet"}, "Tags" : [ {"Key" : "foo", "Value" : "bar" } ] } }, "EIP" : { "DependsOn" : "VPCGatewayAttach", "Type" : "AWS::EC2::EIP", "Properties" : { "Domain" : "vpc" } }, "Route" : { "Type" : "AWS::EC2::Route", "Properties" : { "RouteTableId" : { "Ref" : "RouteTable" }, "DestinationCidrBlock" : "0.0.0.0/0", "NatGatewayId" : { "Ref" : "NAT" } } }

YAML

NAT: Type: AWS::EC2::NatGateway Properties: AllocationId: Fn::GetAtt: - EIP - AllocationId SubnetId: Ref: Subnet Tags: - Key: foo Value: bar EIP: DependsOn: VPCGatewayAttach Type: AWS::EC2::EIP Properties: Domain: vpc Route: Type: AWS::EC2::Route Properties: RouteTableId: Ref: RouteTable DestinationCidrBlock: 0.0.0.0/0 NatGatewayId: Ref: NAT