メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation

サブネットをネットワーク ACL に関連付けます。詳細については、『Amazon EC2 API Reference』の「ReplaceNetworkAclAssociation」を参照してください。

作成および更新オペレーション中に AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation リソースが作成されると、AWS CloudFormation は同じキープロパティ (リソースの一意な識別に寄与するプロパティ) を共有する既存のリソースを選択します。ただし、オペレーションが失敗してロールバックされた場合、AWS CloudFormation は以前のアウトオブバンドリソースを削除します。Retain 削除ポリシーを使用すると、この動作から保護できます。詳細については、「DeletionPolicy 属性」を参照してください。

注記

EC2 API リファレンスでは、SubnetId パラメーターを AssociationId と呼んでいます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation", "Properties" : { "SubnetId" : String, "NetworkAclId" : String } }

YAML

Type: "AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation" Properties: SubnetId: String NetworkAclId: String

プロパティ

SubnetId

元のネットワーク ACL とサブネット間の現在の関連付けを表す ID 。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換

NetworkAclId

サブネットに関連付ける新しい ACL の ID。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt は、このタイプの指定された属性の値を返します。以下には、利用可能な属性とサンプル戻り値のリストが示されます。

AssociationId

このオブジェクトの SubnetId プロパティの値を返します。

Fn::GetAtt の使用の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

テンプレートの例

JSON

{ "AWSTemplateFormatVersion" : "2010-09-09", "Resources" : { "mySubnetNetworkAclAssociation" : { "Type" : "AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation", "Properties" : { "SubnetId" : { "Ref" : "mySubnet" }, "NetworkAclId" : { "Ref" : "myNetworkAcl" } } } } }

YAML

AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' Resources: mySubnetNetworkAclAssociation: Type: AWS::EC2::SubnetNetworkAclAssociation Properties: SubnetId: Ref: mySubnet NetworkAclId: Ref: myNetworkAcl