メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Lambda::Alias

AWS::Lambda::Alias リソースは、指定した AWS Lambda (Lambda) 関数のバージョンを指すエイリアスを作成します。他のサービスやアプリケーションが呼び出す関数のバージョンを制御する場合は、エイリアスを使用します。エイリアスを使用すると、関数の新しいバージョンがリリースされるたびにサービスやアプリケーションを更新する必要がありません。詳細については、AWS Lambda Developer GuideAWS Lambda 関数の紹介を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::Lambda::Alias", "Properties" : { "Description" : String, "FunctionName" : String, "FunctionVersion" : String, "Name" : String, "RoutingConfig" : AliasRoutingConfiguration } }

YAML

Type: "AWS::Lambda::Alias" Properties: Description: String FunctionName: String FunctionVersion: String Name: String RoutingConfig: AliasRoutingConfiguration

プロパティ

Description

目的や関連付けられた Lambda 関数など、エイリアスについての情報です。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

FunctionName

このエイリアスと関連付ける Lambda 関数。関数名または Amazon リソースネーム (ARN) を指定できます。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

FunctionVersion

このエイリアスと関連付ける Lambda 関数のバージョン。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

エイリアスの名前。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

RoutingConfig

このパラメーターを使用して、エイリアスを 2 つの別の関数バージョンをポイントし、各バージョンを呼び出すトラフィックの割合を指定できるようにします。詳細については、『AWS Lambda Developer Guide』の「Routing Traffic to Different Function Versions Using Aliases」を参照してください。

必須: いいえ

タイプ: AWS Lambda Alias AliasRoutingConfiguration

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref により Lambda エイリアスの ARN が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

Lambda エイリアス

次の例では、TestingForMyApp という名前のエイリアスを作成します。MyFunction Lambda 関数の TestingNewFeature バージョンを指すエイリアス。

JSON

"AliasForMyApp" : { "Type" : "AWS::Lambda::Alias", "Properties" : { "FunctionName" : { "Ref" : "MyFunction" }, "FunctionVersion" : { "Fn::GetAtt" : [ "TestingNewFeature", "Version" ] }, "Name" : "TestingForMyApp" } }

YAML

AliasForMyApp: Type: "AWS::Lambda::Alias" Properties: FunctionName: Ref: "MyFunction" FunctionVersion: Fn::GetAtt: - "TestingNewFeature" - "Version" Name: "TestingForMyApp"

Lambda エイリアスの更新ポリシー

次の例では、エイリアスの更新ポリシーを定義します。

JSON

"Alias": { "Type": "AWS::Lambda::Alias", "Properties": { "FunctionName": { "Ref": "LambdaFunction" }, "FunctionVersion": { "Fn::GetAtt": [ "FunctionVersionTwo", "Version" ] }, "Name": "MyAlias" }, "UpdatePolicy": { "CodeDeployLambdaAliasUpdate": { "ApplicationName": { "Ref": "CodeDeployApplication" }, "DeploymentGroupName": { "Ref": "CodeDeployDeploymentGroup" }, "BeforeAllowTrafficHook": { "Ref": "PreHookLambdaFunction" }, "AfterAllowTrafficHook": { "Ref": "PreHookLambdaFunction" } } } }

YAML

Alias: Type: 'AWS::Lambda::Alias' Properties: FunctionName: !Ref LambdaFunction FunctionVersion: !GetAtt FunctionVersionTwo.Version Name: MyAlias UpdatePolicy: CodeDeployLambdaAliasUpdate: ApplicationName: !Ref CodeDeployApplication DeploymentGroupName: !Ref CodeDeployDeploymentGroup BeforeAllowTrafficHook: !Ref PreHookLambdaFunction AfterAllowTrafficHook: !Ref PreHookLambdaFunction

このページの内容: