AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

AWS::SecurityHub::Hub

AWS::SecurityHub::Hub リソースは、アカウントでの AWS Security Hub サービスの実装を表します。Security Hub を有効にするリージョンごとに 1 つのハブリソースが作成されます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

{ "Type" : "AWS::SecurityHub::Hub", "Properties" : { "Tags" : Json } }

YAML

Type: AWS::SecurityHub::Hub Properties: Tags: Json

プロパティ

Tags

ハブリソースに追加するタグ。

必須: いいえ

タイプ: Json

Update requires: No interruption

戻り値

参照番号

arn:aws:securityhub:us-east-1:12345678910:hub/default など、作成されたハブリソースの HubArn このリソースの論理 ID を組み込みの Ref 関数に渡すと、Ref が返ります。。

For more information about using the Ref function, see Ref.

ハブリソースを宣言する

次の例では、Security Hub の Hub リソースを宣言する方法を示しています。

JSON

{ "Description": "Example Hub with Tags", "Resources" : { "ExampleHubWithTags" : { "Type" : "AWS::SecurityHub::Hub", "Properties" : { "Tags" : { "key1" : "value1", "key2" : "value2" } } } }, "Outputs" : { "HubArn" : { "Value" : {"Ref" : "ExampleHubWithTags"} } } }

YAML

Description: "Example Hub with Tags" Resources: ExampleHubWithTags: Type: "AWS::SecurityHub::Hub" Properties: Tags: "key1" : "value1" "key2" : "value2" Outputs: HubArn: Ref: !Ref ExampleHubWithTags

このページの内容: