AWS CloudFormation コンソールでのスタックの削除 - AWS CloudFormation

AWS CloudFormation コンソールでのスタックの削除

スタックを削除する
  1. https://console.aws.amazon.com/cloudformation で AWS CloudFormation コンソール を開きます。

  2. CloudFormation コンソールの [スタック] ページで、削除するスタックを選択します。スタックは現在実行中である必要があります。

  3. [スタックの詳細] ペインで、[削除] を選択します。

  4. プロンプトが表示されたら、[スタックの削除] を選択します。

    注記

    いったんスタックの削除が開始されると、スタックの削除オペレーションは停止できません。スタックは DELETE_IN_PROGRESS 状態になります。

    スタックの削除操作が完了すると、スタックの状態が DELETE_COMPLETE になります。デフォルトでは、DELETE_COMPLETE 状態のスタックは CloudFormation コンソールに表示されません。削除したスタックを表示するには、「削除済みのスタックを AWS CloudFormation コンソールで確認する」に説明するようにスタックの表示フィルターを変更する必要があります。

スタックを強制削除するには

スタック内のリソースが削除に失敗したため、スタックの削除が失敗することがあります。例えば、CloudFormation は、別のスタックも依存するリソースの削除に失敗します。削除が失敗して DELETE_FAILED 状態が返された場合は、2 つの方法のいずれかを使用して再試行できます。

  1. CloudFormation コンソールの [スタック] ページで、強制削除するスタックを選択します。

  2. スタックの詳細ペインで、[削除を再試行] を選択します。

  3. 以下のオプションから選択します。

    • このスタックは削除しますが、リソースは保持します。このオプションでは、元々削除に失敗したが、強制スタック削除中に保持したい特定のリソースを選択できます。

    • スタック全体を強制的に削除: このオプションは、削除に失敗したすべてのリソースを保持します。

  4. [削除] を選択すると、選択内容に基づいて強制削除プロセスが開始されます。

スタック削除エラーの詳細については、スタックの削除の失敗 トラブルシューティングのトピックを参照してください。

スタックが誤って削除されないための方法については、「スタックの削除保護」を参照してください。

保持されているリソースを確認するには

スタックを削除すると、コンソールに保持されていたリソースを表示できます。

  1. スタックリストで、[フィルターステータス][削除済み] の順に選択します。

  2. 削除されたスタックを選択します。

  3. [リソース] タブを選択します。

  4. 保持されているすべてのリソースには、[DELETE_SKIPPEDステータス] が表示されます。

  5. 確認する保持されたリソースを選択します。