AWS CloudFormation テンプレートでの正規表現の使用 - AWS CloudFormation

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS CloudFormation テンプレートでの正規表現の使用

AWS CloudFormation テンプレート内では、正規表現 (regex と呼ばれることもあります) をさまざまな場所で使用できます (たとえば、テンプレートパラメータの作成時の AllowedPattern プロパティ)。

AWS CloudFormation の正規表現は、Java の正規表現の構文に準拠しています。この構文と構造の詳細については、Java のドキュメント (java.util.regex.Pattern) を参照してください。

重要

AWS CloudFormation のテンプレートではオブジェクトとデータを指定するために JSON 構文を使用するため、すべての正規表現のバックスラッシュ文字に追加のバックスラッシュを追加する必要があります。そうでないと、JSON によってこれらの文字がエスケープ文字として解釈されます。

たとえば、数字を示す \d を正規表現に含める場合、JSON テンプレートでは \\d と記述する必要があります。