AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

CodePipeline を使用した継続的デリバリー

継続的デリバリーは、コードの変更が毎回自動的に構築、テストされ、本稼働環境へのリリースのために準備されるリリースのプラクティスです。AWS CloudFormation および CodePipeline では、継続的な配信を使用して、AWS CloudFormation テンプレートへの変更を自動的に構築してテストしてから、本稼働スタックに昇格させることができます。このリリースプロセスにより、すばやく確実で AWS インフラストラクチャに変更を加えることができます。

たとえば、コードリポジトリに更新されたテンプレートを送信すると、自動的にテストスタックを構築するワークフローを作成できます。AWS CloudFormation がテストスタックを作成した後、それをテストして、変更を本稼働スタックにプッシュするかどうかを決定できます。継続的デリバリーの利点の詳細については、「継続的な配信とは」を参照してください。

CodePipeline を使用して、AWS CloudFormation スタックのパイプラインを構築し、継続的デリバリーワークフローを作成します。CodePipeline には AWS CloudFormation との統合が組み込まれているため、パイプライン内で、スタックの作成、更新、削除など AWS CloudFormation 固有のアクションを指定できます。CodePipeline の詳細については、「AWS CodePipeline ユーザーガイド」を参照してください。