AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API バージョン 2010-05-15)

擬似パラメーター参照

擬似パラメータは、AWS CloudFormation によって事前定義されたパラメータです。テンプレートでは宣言しません。パラメーターと同じように、Ref 関数の引数として使用します。

次のスニペットは、出力値に AWS::Region の擬似パラメーターの値を割り当てます。

JSON

"Outputs" : { "MyStacksRegion" : { "Value" : { "Ref" : "AWS::Region" } } }

YAML

Outputs: MyStacksRegion: Value: !Ref "AWS::Region"

AWS::AccountId

123456789012 など、スタックが作成されているアカウントの AWS アカウント ID を返します。

AWS::NotificationARNs

現在のスタックの通知 Amazon リソースネーム (ARN) のリストを返します。

リストから 1 つの ARN を取得するには、Fn::Select を使用します。

JSON

"myASGrpOne" : { "Type" : "AWS::AutoScaling::AutoScalingGroup", "Version" : "2009-05-15", "Properties" : { "AvailabilityZones" : [ "us-east-1a" ], "LaunchConfigurationName" : { "Ref" : "MyLaunchConfiguration" }, "MinSize" : "0", "MaxSize" : "0", "NotificationConfigurations" : [{ "TopicARN" : { "Fn::Select" : [ "0", { "Ref" : "AWS::NotificationARNs" } ] }, "NotificationTypes" : [ "autoscaling:EC2_INSTANCE_LAUNCH", "autoscaling:EC2_INSTANCE_LAUNCH_ERROR" ] }] } }

YAML

myASGrpOne: Type: AWS::AutoScaling::AutoScalingGroup Version: '2009-05-15' Properties: AvailabilityZones: - "us-east-1a" LaunchConfigurationName: Ref: MyLaunchConfiguration MinSize: '0' MaxSize: '0' NotificationConfigurations: - TopicARN: Fn::Select: - '0' - Ref: AWS::NotificationARNs NotificationTypes: - autoscaling:EC2_INSTANCE_LAUNCH - autoscaling:EC2_INSTANCE_LAUNCH_ERROR

AWS::NoValue

Fn::If 組み込み関数の戻り値として指定すると、対応するリソースプロパティを削除します。

たとえば、スナップショット ID が指定されている場合にのみ Amazon RDS DB インスタンスのスナップショットを使用する場合は、AWS::NoValue パラメータを使用できます。UseDBSnapshot 条件が true に評価された場合は、DBSnapshotIdentifier プロパティに DBSnapshotName パラメータ値が AWS CloudFormation で使用されます。条件が false に評価された場合は、DBSnapshotIdentifier プロパティが AWS CloudFormation で削除されます。

JSON

"MyDB" : { "Type" : "AWS::RDS::DBInstance", "Properties" : { "AllocatedStorage" : "5", "DBInstanceClass" : "db.m1.small", "Engine" : "MySQL", "EngineVersion" : "5.5", "MasterUsername" : { "Ref" : "DBUser" }, "MasterUserPassword" : { "Ref" : "DBPassword" }, "DBParameterGroupName" : { "Ref" : "MyRDSParamGroup" }, "DBSnapshotIdentifier" : { "Fn::If" : [ "UseDBSnapshot", {"Ref" : "DBSnapshotName"}, {"Ref" : "AWS::NoValue"} ] } } }

YAML

MyDB: Type: AWS::RDS::DBInstance Properties: AllocatedStorage: '5' DBInstanceClass: db.m1.small Engine: MySQL EngineVersion: '5.5' MasterUsername: Ref: DBUser MasterUserPassword: Ref: DBPassword DBParameterGroupName: Ref: MyRDSParamGroup DBSnapshotIdentifier: Fn::If: - UseDBSnapshot - Ref: DBSnapshotName - Ref: AWS::NoValue

AWS::Partition

リソースがあるパーティションを返します。標準の AWS リージョンの場合、パーティションは aws です。他のパーティションのリソースの場合、パーティションは aws-partitionname です。たとえば、中国 (北京および寧夏) リージョンにあるリソースのパーティションは、aws-cn で、AWS GovCloud (US-West) リージョンにあるリソースのパーティションは、aws-us-gov です。

AWS::Region

us-west-2 など、包括的なリソースが作成されている AWS リージョンを表す文字列を返します。

AWS::StackId

aws cloudformation create-stack など、arn:aws:cloudformation:us-west-2:123456789012:stack/teststack/51af3dc0-da77-11e4-872e-1234567db123 コマンドで指定されたようにスタックの ID を返します。

AWS::StackName

aws cloudformation create-stack など、teststack コマンドで指定されたようにスタックの名前を返します。

AWS::URLSuffix

ドメインのサフィックスを返します。サフィックスは、通常 amazonaws.com ですが、リージョンによって異なります。たとえば、中国 (北京) リージョンのサフィックスは amazonaws.com.cn です。