スタック更新のキャンセル - AWS CloudFormation

スタック更新のキャンセル

スタックの更新が開始された後、スタックが UPDATE_IN_PROGRESS 状態である間はスタックの更新をキャンセルできます。更新が完了した後にキャンセルすることはできません。ただし、以前の設定を使用してスタックを再度更新することはできます。

スタックの更新をキャンセルした場合、更新を開始する前に存在していたスタック設定まで、スタックがロールバックされます。

コンソールを使用してスタックの更新をキャンセルするには

  1. AWS CloudFormation コンソールに表示されるスタックのリストから、現在更新中のスタックを選択します。その状況は UPDATE_IN_PROGRESS である必要があります。

  2. [Stack actions (スタックアクション)] を選択し、[スタックの更新をキャンセル] を選択します。

  3. 更新のキャンセルを続行するには、[更新のキャンセル] をクリックします。それ以外の場合は、[キャンセル] をクリックして更新を再開します。

スタックの状態が [UPDATE_ROLLBACK_IN_PROGRESS] になります。更新のキャンセルが完了すると、スタックは [UPDATE_ROLLBACK_COMPLETE] に設定されます。

コマンドラインを使用してスタックの更新をキャンセルするには