変更セットの削除 - AWS CloudFormation

変更セットの削除

変更セットを削除すると、スタックの変更セットのリストから削除されます。変更セットを削除することで、自身や別のユーザーが適用してはいけない変更セットを意図せず実行してしまうことを防止できます。削除しない限り、スタックを更新するまで、CloudFormation によってすべての変更セットが保持されます。

Delete a change set for nested stacks
ネストされたスタックの変更セットを削除するには (コンソール)
  1. AWS CloudFormation コンソールの [Stacks] で、ルート変更セットに関連付けられたスタック名を選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[変更セット] を選択して、スタックの変更セットのリストを表示します。

  3. 削除する変更セットの名前を選択します。

  4. 変更セットの詳細ページで、[削除] を選択します。[Delete] を選択すると、ネストされた変更セットの階層全体を削除します。

    注記

    ネストされたスタックの変更セットに対する削除操作は非同期で、DELETE_PENDING ステータスに続いて DELETE_IN_PROGRESS ステータスが表示されます。変更セットの削除操作が完了すると、変更セットはリストから削除されます。REVIEW_IN_PROGRESS ステータス内のネストされたスタックは、変更セットの作成中に作成された場合でも削除されます。

    CloudFormation は、スタックの変更セットリストから変更セットの削除を直ちに開始します。

    注記

    ネストされたスタックが進行中のオペレーションで停止した場合には、AWS CloudFormation のトラブルシューティングでエラーのトラブルシューティングを参照してください。

Delete a change set
変更セットを削除するには (コンソール)
  1. AWS CloudFormation コンソールの [スタック] で、削除する変更セットを含むスタックの名前を選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[変更セット] を選択して、スタックの変更セットのリストを表示します。

  3. 削除する変更セットの名前を選択します。

  4. 変更セットの詳細ページで、[削除] を選択します。

    CloudFormation によってすぐに、スタックの変更セットのリストから変更セットを削除する処理が開始され、[Stacks] (スタック) ページにリダイレクトされます。

変更セットを削除するには (AWS CLI)
  • 次の例に示すように、削除する変更セットの ID を指定して aws cloudformation delete-change-set コマンドを実行します。

    aws cloudformation delete-change-set --change-set-name arn:aws:cloudformation:us-east-1:123456789012:changeSet/SampleChangeSet/1a2345b6-0000-00a0-a123-00abc0abc000