チュートリアル: Amazon EC2 Linux インスタンスの開始方法 - Amazon Elastic Compute Cloud

チュートリアル: Amazon EC2 Linux インスタンスの開始方法

このチュートリアルを使用して、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の使用を開始できます。Linux/ インスタンスを起動、接続、使用する方法について学習します。インスタンスは、AWS クラウド内の仮想サーバーです。Amazon EC2 を使用して、インスタンスで実行されるオペレーティングシステムとアプリケーションをセットアップし、設定することができます。

AWS にサインアップすると、AWS 無料利用枠を利用して、Amazon EC2 の使用を開始できます。AWS アカウントを作成してから 12 か月間が経過しておらず、Amazon EC2 の無料利用枠を使い切っていない場合、無料利用枠内で利用できるオプションを選択することで、このチュートリアルでは一切費用がかかりません。それ以外の場合、インスタンスを起動したときから、インスタンスを削除するまで(このチュートリアルの最終タスク)、アイドル状態のままでも標準の Amazon EC2 使用料が発生します。

関連チュートリアル

概要

このチュートリアルで起動されるインスタンスは Amazon EBS-backed インスタンスです (つまり、ルートボリュームは EBS ボリュームです)。インスタンスが実行されるアベイラビリティーゾーンは、指定するか、Amazon EC2 によって自動的に選択されます。アベイラビリティーゾーンは、各リージョン内の複数の独立した場所です。アベイラビリティーゾーンは、独立したデータセンターと考えることができます。

インスタンスを起動するときは、キーペア (アイデンティティを証明するため) とセキュリティグループ (着信トラフィックと発信トラフィックを制御する仮想ファイアウォールとして機能する) を指定して、インスタンスをセキュリティで保護します。インスタンスに接続するときは、インスタンスの起動時に指定したキーペアのプライベートキーを指定する必要があります。


				追加の Amazon EBS ボリュームを持つ Amazon EBS-backed インスタンス

前提条件

開始する前に、Amazon EC2 を使用するようにセットアップする の手順を完了するようにしてください。

ステップ 1: インスタンスを起動する

以下の手順で説明しているように、AWS Management Console を使用して Linux/ インスタンスを起動できます。このチュートリアルは、最初のインスタンスをすばやく起動できるようにすることを目的としています。そのため、使用できるすべてのオプションを扱っているわけではありません。詳細オプションについては、「新しいインスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動する」を参照してください。インスタンスを起動するその他の方法については、「インスタンスの起動」を参照してください。

インスタンスを起動するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. EC2 コンソールダッシュボードから、[Launch instance] (インスタンスを起動する) ボックス内で [Launch instance] (インスタンスを起動する) を選び、表示されるオプションから [Launch instance] (インスタンスを起動する) を選びます。

  3. [Names and tags] (名前とタグ) の [Name] (名前) には、インスタンス用にわかりやすい名前を入力します。

  4. [Application and OS Images (Amazon Machine Image]) (アプリケーションと OS イメージ (Amazon マシンイメージ) で、次の作業を行います。

    1. [Quick Start] (クイックスタート) を選択してから、Amazon Linux を選びます。これが、インスタンスのオペレーティングシステム (OS) です。

    2. [Amazon Machine Image (AMI)] (Amazon マシンイメージ (AMI)) から、HVM バージョンの Amazon Linux 2 を選択し、。これらの AMI は無料利用枠対象とマークされていることに注意してください。[Amazon Machine Image (AMI)] (Amazon マシンイメージ (AMI)) はインスタンスのテンプレートとして機能する基本設定です。

  5. [Instance type] (インスタンスタイプ) から、インスタンスタイプリストで、インスタンスのハードウェア構成を選択できます。t2.micro インスタンスタイプを選択します。デフォルトではこれが選択されています。t2.micro インスタンスタイプは無料利用枠の対象です。t2.micro が利用できないリージョンでは、無料利用枠で t3.micro インスタンスを使用できます。詳細については、「AWS 無料利用枠」を参照してください。

  6. [Key pair (login)] (キーペア (ログイン)) の [Key pair name] (キーペア名) には、セットアップ中に作成したキーペアを選択します。

    警告

    [Proceed without a key pair (Not recommended)] (キーペアなしで続行 (非推奨) は選択しないでください。キーペアなしでインスタンスを起動すると、インスタンスに接続できません。

  7. [Network settings] (ネットワーク設定) の横にある [Edit] (編集) を選択します。Security group name (セキュリティグループ名) には、ウィザードで作成して選択したセキュリティグループが表示されます。このセキュリティグループを使用するか、または次のステップを使用して設定を行うときに作成したセキュリティグループを選択できます。

    1. [Select existing security group] (既存のセキュリティグループを選択) を選択します。

    2. [Common security groups] (共通セキュリティグループ) から、既存のセキュリティグループのリストからセキュリティグループを選択します。

  8. インスタンスの他の構成設定については、デフォルトの選択のままにします。

  9. Summary (概要) パネルでインスタンス設定の要約を確認します。準備が完了したら、[Launch instance] (インスタンスを起動) を選択します。

  10. 確認ページは、インスタンスが起動中であることを通知します。[View all instances] (すべてのインスタンスの表示) を選択して確認ページを閉じ、コンソールに戻ります。

  11. インスタンス画面で、起動のステータスを確認できます。インスタンスの起動には短時間かかります。インスタンスを起動すると、その初期状態は pending です。インスタンスがスタートすると、その状態は running に変わり、公開 DNS 名を受け取ります。[Public IPv4 DNS] (パブリック IPv4 DNS) 列が非表示になっている場合は、右上隅にある設定アイコン ( ) をクリックし、[Public IPv4 DNS] (パブリック IPv4 DNS) をオンにした上で [Confirm] (確認) をクリックします。

  12. インスタンスに接続可能になるまでには、数分かかることがあります。インスタンスのステータスチェックが正常に終了したことを確認します。この情報は [ステータスチェック] 列に表示されています。

ステップ 2: インスタンスに接続する

Linux インスタンスに接続するにはいくつかの方法があります。詳細については、Linux インスタンスへの接続 を参照してください。

重要

.pem ファイルがあるキーペアで起動し、コンピュータから SSH アクセスを許可するセキュリティグループで起動していない限り、インスタンスに接続することはできません。インスタンスに接続できない場合は、「インスタンスへの接続に関するトラブルシューティング」を参照してください。

ステップ 3: インスタンスをクリーンアップする

このチュートリアル用に作成したインスタンスを使用した操作が終了したら、インスタンスを終了してクリーンアップする必要があります。クリーンアップする前にこのインスタンスでやることがある場合は、「次のステップ」を参照してください。

重要

インスタンスを終了するということは、実質的には、そのインスタンスを削除するということです。いったん終了したインスタンスに再接続することはできません。

AWS 無料利用枠外でインスタンスを起動した場合は、インスタンスのステータスが shutting down または terminated に変わるとインスタンスの課金が停止します。後のためにインスタンスを維持したいが料金を発生させたくない場合は、インスタンスを停止して後で再び開始できます。詳細については、インスタンスの停止と起動 を参照してください。

インスタンスを終了するには

  1. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。インスタンスの一覧で、インスタンスを選択します。

  2. [Instance state (インスタンスの状態)]、[Terminate instance (インスタンスの終了)] の順に選択します。

  3. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Terminate (終了)] を選択します。

    Amazon EC2 によって、インスタンスがシャットダウンおよび終了します。インスタンスの終了後、インスタンスはしばらくの間コンソールに表示されたままですが、エントリは自動的に削除されます。終了したインスタンスを自分でコンソールディスプレイから削除することはできません。

次のステップ

インスタンスを起動した後で、次の演習の一部を行ってみるといいかもしれません。