メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

NVIDIA GRID 機能 の有効化 (G3 インスタンスのみ)

NVIDIA GRID 仮想ワークステーションや NVIDIA GRID 仮想アプリケーションなどの GRID 機能を G3 インスタンスで有効化するには、レジストリの /etc/nvidia/gridd.conf ファイル

G3 Linux インスタンスで GRID 機能をアクティベートする

  1. 提供されるテンプレートファイルから /etc/nvidia/gridd.conf ファイルを作成します。

    sudo cp /etc/nvidia/gridd.conf.template /etc/nvidia/gridd.conf
  2. お好きなテキストエディタで /etc/nvidia/gridd.conf ファイルを開きます。

    • NVIDIA GRID 仮想ワークステーションの場合は、FeatureType 行を見つけて 2 に設定します。

      FeatureType=2
    • NVIDIA GRID 仮想アプリケーションの場合は、FeatureType 行を見つけて 0 に設定します。次に、IgnoreSP=TRUE の行を追加します。

      FeatureType=0 IgnoreSP=TRUE
  3. ファイルを保存して終了します。

  4. インスタンスを再起動し、新しい設定を取得します。

    sudo reboot

    注記

    nvidia-gridd デーモンの最新バージョンには、NVIDIA GRID 仮想ワークステーションライセンスのエラーをスローするバグがあります。このエラーは無視できます。

    nvidia-gridd: Failed to acquire NVIDIA GRID Virtual Workstation license.

    NVIDIA GRID 仮想ワークステーション機能が有効になっていることを検証するには、4K 解像度オプションが利用可能であることを確認します。