共有 キャパシティーの予約 の操作 - Amazon Elastic Compute Cloud

共有 キャパシティーの予約 の操作

キャパシティー予約の共有を使用すると、キャパシティー予約の所有者は、リザーブドキャパシティーを他の AWS アカウントと共有することや、AWS 組織内で共有することが可能になります。これにより、キャパシティー予約 の作成と管理を一元的に行い、リザーブドキャパシティーを複数の AWS アカウント間や AWS 組織内で共有できるようになります。

このモデルでは、キャパシティー予約を所有する AWS アカウント (所有者) が、キャパシティー予約を他の AWS アカウント (コンシューマー) と共有します。コンシューマーは、自身のアカウントで所有しているキャパシティーの予約にインスタンスを起動する場合と同じように、共有を受けているキャパシティーの予約にインスタンスを起動できます。キャパシティーの予約 の所有者は、共有した キャパシティーの予約 と、そこで起動したインスタンスを管理します。所有者は、共有した キャパシティーの予約 でコンシューマーが起動したインスタンスを変更することはできません。コンシューマーは、共有を受けている キャパシティーの予約 で起動したインスタンスを管理します。コンシューマーが、キャパシティーの予約 の所有者や他のコンシューマーが所有するインスタンスを表示したり変更したりすることはできません。

キャパシティーの予約 の所有者が キャパシティーの予約 を共有できる相手は次のとおりです。

  • AWS の組織内または組織外の特定の AWS アカウント

  • AWS 組織内の組織単位

  • AWS 組織全体

キャパシティーの予約 を共有するための前提条件

  • 共有するキャパシティー予約は、自分の AWS アカウント内で所有している必要があります。自身が共有を受けている キャパシティーの予約 を他者に共有することはできません。

  • 共有テナンシーインスタンスの キャパシティーの予約 のみ共有できます。専用テナンシーインスタンスの キャパシティーの予約 は共有できません。

  • 新規の AWS アカウントや、請求制限履歴のある AWS アカウントでは、キャパシティー予約の共有を使用できません。

  • AWS 組織や AWS 組織内の組織単位とキャパシティー予約を共有するには、 AWS Organizations で共有を有効にする必要があります。詳細については、AWS RAM ユーザーガイドの「AWS Organizations で共有を有効化する」を参照してください。

キャパシティー予約 は AWS Resource Access Manager (AWS RAM) と統合されています。 AWS RAM は、任意の AWS アカウントに対して、あるいは AWS Organizations 経由で AWS リソースを共有するためのサービスです。AWS RAM を使用すると、リソース共有を作成することで、自身が所有するリソースを共有できます。リソース共有では、共有対象のリソースと、共有先となるコンシューマーを指定します。コンシューマーには、個人の AWS アカウントや、AWS Organizations 内の組織単位または組織全体を指定できます。

AWS RAM の詳細については、AWS RAM ユーザーガイドを参照してください。

アベイラビリティーゾーン間での共有

リソースがリージョンの複数のアベイラビリティーゾーンに分散されるようにするために、アベイラビリティーゾーンは各 アカウントの名前に個別にマッピングされます。このため、アカウントが異なると、アベイラビリティーゾーンの命名方法が異なる場合があります。たとえば、us-east-1a アカウントのアベイラビリティーゾーン AWS の場所は、別の us-east-1a アカウントのアベイラビリティーゾーン AWS の場所と異なる可能性があります。

自身のアカウントを基準にして キャパシティーの予約 の場所を特定するには、アベイラビリティーゾーン ID (AZ ID) を使用する必要があります。AZ ID は、すべての AWS アカウントで同じアベイラビリティーゾーンを一貫して示すための一意の識別子です。例えば、use1-az1us-east-1 リージョンの AZ ID であり、すべての AWS アカウントで同じ場所を示します。

アカウントのアベイラビリティーゾーンの AZ ID を表示するには

  1. AWS RAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/ram) を開きます。

  2. 現在のリージョンの AZ ID は、画面の右側にある [お客様の AZ ID] パネルに表示されます。

キャパシティーの予約 の共有

自分が所有するキャパシティー予約を他の AWS アカウントと共有すると、自分のリザーブドキャパシティー内でインスタンスを起動することを、共有を受けたアカウントに対して許可することになります。オープンな キャパシティーの予約 を共有する場合は、意図しない形で キャパシティーの予約 が使用されないよう、次の点に注意してください。

  • キャパシティーの予約 の属性に一致するインスタンスをコンシューマーが実行している場合に、CapacityReservationPreference パラメータが open に設定され、リザーブドキャパシティー内での実行がまだであれば、共有 キャパシティーの予約 が自動的に使用されます。

  • 属性 (インスタンスタイプ、プラットフォーム、アベイラビリティーゾーン) が一致するインスタンスをコンシューマーが起動する場合、CapacityReservationPreference パラメータが open に設定されていれば、自動的に共有 キャパシティーの予約 で起動されます。

キャパシティーの予約 を共有するには、リソース共有に追加する必要があります。リソース共有とは、自身のリソースを AWS RAM アカウント間で共有するための AWS リソースです。リソース共有では、共有対象のリソースと、共有先のコンシューマーを指定します。Amazon EC2 コンソールを使用して キャパシティーの予約 を共有すると、既存のリソース共有に追加されます。キャパシティーの予約 を新しいリソース共有に追加するには、AWS RAM コンソールを使用してリソース共有を作成する必要があります。

自分が AWS Organizations 内の組織のメンバーであり、所属する組織での共有が有効化されている場合には、自分の組織内のコンシューマーに対し、共有されたキャパシティー予約に対するアクセス許可を自動的に付与することができます。これに該当しない場合、コンシューマーはリソースへの参加の招待を受け取り、その招待を受け入れた後で、共有 キャパシティーの予約 に対するアクセス許可が付与されます。

自分が所有するキャパシティー予約 は、Amazon EC2 コンソール、AWS RAM コンソール、または AWS CLI を使用して共有できます。

Amazon EC2 コンソールを使用して、自身が所有する キャパシティーの予約 を共有するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[キャパシティーの予約] を選択します。

  3. 共有する キャパシティーの予約 を選択し、[アクション]、[Share reservation] の順に選択します。

  4. キャパシティーの予約 の追加先となるリソース共有を選択し、[Share キャパシティーの予約] を選択します。

    コンシューマーから共有 キャパシティーの予約 にアクセスできるようになるまでに、数分かかることがあります。

AWS RAM コンソールを使用して、自分が所有するキャパシティー予約を共有するには

AWS RAM ユーザーガイドの「リソース共有の作成」を参照してください。

AWS CLI を使用して、自分が所有するキャパシティー予約を共有するには

create-resource-share コマンドを使用します。

キャパシティーの予約 の共有を停止する

キャパシティーの予約 の所有者は キャパシティーの予約 の共有をいつでも停止できます。以下のルールが適用されます。

  • コンシューマーが所有するインスタンスのうち、共有解除の時点で共有キャパシティー内で実行されていたインスタンスは、リザーブドキャパシティー外で正常に動作し続けます。キャパシティーは、Amazon EC2 キャパシティーの可用性に応じて キャパシティーの予約 に復元されます。

  • キャパシティーの予約 の共有先コンシューマーが、このリザーブドキャパシティーで新たにインスタンスを起動することはできません。

所有している キャパシティーの予約 の共有を停止するには、リソース共有から削除する必要があります。この操作は、Amazon EC2 コンソール、AWS RAM コンソール、または AWS CLI を使用して行うことができます。

Amazon EC2 コンソールを使用して、所有している キャパシティーの予約 の共有を停止するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[キャパシティーの予約] を選択します。

  3. キャパシティーの予約 を選択して、[Sharing (共有)] タブを選択します。

  4. [共有] タブに、キャパシティーの予約 の追加先のリソース共有が一覧表示されます。キャパシティーの予約 を削除する対象のリソース共有を選択し、[リソース共有から削除] を選択します。

AWS RAM コンソールを使用して、自分が所有しているキャパシティー予約の共有を停止するには

AWS RAM ユーザーガイドの「リソース共有の更新」を参照してください。

AWS CLI を使用して、自分が所有しているキャパシティー予約の共有を停止するには

disassociate-resource-share コマンドを使用します。

共有 キャパシティーの予約 の特定

所有者とコンシューマーは、Amazon EC2 コンソールまたは AWS CLI を使用して、共有されているキャパシティー予約を特定できます。

Amazon EC2 コンソールを使用して共有 キャパシティーの予約 を特定するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[キャパシティーの予約] を選択します。この画面には、自身が所有する キャパシティーの予約 と共有を受けている キャパシティーの予約 が一覧表示されます。[所有者] 列には、キャパシティー予約の所有者の AWS アカウント ID が示されます。AWS アカウント ID の横に (me) と表示されている場合は、自身が所有者であることを示します。

AWS CLI を使用して、共有されているキャパシティー予約を特定するには

describe-capacity-reservations コマンドを使用します。このコマンドでは、自身が所有するキャパシティー予約および、他から共有を受けているキャパシティー予約が返されます。OwnerId は、キャパシティー予約の所有者の AWS アカウント ID を示します。

共有 キャパシティーの予約 の使用状況の表示

共有されたキャパシティー予約の所有者は、Amazon EC2 コンソールまたは AWS CLI を使用して、いつでも使用状況を表示できます。

Amazon EC2 コンソールを使用して キャパシティーの予約 の使用状況を表示するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[キャパシティーの予約] を選択します。

  3. 使用状況を表示する キャパシティーの予約 を選択し、[使用状況] タブを選択します。

    [AWS アカウント ID] 列には、現在キャパシティー予約を使用しているコンシューマーのアカウント ID が表示されます。[起動したインスタンス] 列には、リザーブドキャパシティー内で各コンシューマーが現在実行しているインスタンスの数が表示されます。

AWS CLI を使用してキャパシティー予約の使用状況を表示するには

get-capacity-reservation-usage コマンドを使用します。AccountId では、キャパシティーの予約 を使用しているアカウントのアカウント ID が表示されます。UsedInstanceCount では、リザーブドキャパシティー内でコンシューマーが現在実行しているインスタンスの数が表示されます。

共有 キャパシティーの予約 のアクセス許可

所有者のアクセス許可

共有 キャパシティーの予約 の管理とキャンセルは、所有者が行います。所有者は、共有 キャパシティーの予約 内で実行されており他のアカウントが所有するインスタンスを変更することはできません。共有 キャパシティーの予約 で起動されされたインスタンスは、所有者が管理します。

コンシューマーのアクセス許可

コンシューマーは、共有 キャパシティーの予約 で実行している自身のインスタンスを管理します。コンシューマーは、共有 キャパシティーの予約 をどのような方法で変更することもできません。また、他のコンシューマーまたは キャパシティーの予約 の所有者が所有するインスタンスを表示または変更することもできません。

請求と使用量測定

キャパシティーの予約 の共有に追加料金はかかりません。

キャパシティーの予約 の所有者には、キャパシティーの予約 内で自身が実行するインスタンスと、使用されていないリザーブドキャパシティーに対する料金が請求されます。コンシューマーには、共有 キャパシティーの予約 内で自身が実行するインスタンスに対する料金が請求されます。

インスタンス制限

キャパシティーの予約 の使用量はすべて、キャパシティーの予約 の所有者の オンデマンドインスタンス 制限の対象としてカウントされます。ここでは次の点について説明します。

  • 使用されていないリザーブドキャパシティ

  • キャパシティーの予約 の所有者が所有するインスタンスによる使用量

  • コンシューマーが所有するインスタンスによる使用量

共有キャパシティー内でコンシューマーによって起動されたインスタンスは、キャパシティーの予約 の所有者の オンデマンドインスタンス 制限の対象としてカウントされます。コンシューマーのインスタンス制限は、コンシューマー自身が所有する オンデマンドインスタンス の制限と、コンシューマーがアクセスできる共有 キャパシティーの予約 内で使用可能なキャパシティーの合計です。