Wavelength Zone 内の キャパシティ予約 - Amazon Elastic Compute Cloud

Wavelength Zone 内の キャパシティ予約

AWS Wavelength を使用することで、デベロッパーは、モバイルデバイスおよびエンドユーザー向けに、非常にレイテンシーが低いアプリケーションを構築できます。Wavelength は、標準の AWS コンピューティングおよびストレージサービスを通信事業者の 5G ネットワークのエッジにデプロイします。Amazon Virtual Private Cloud (VPC) は、1 つまたは複数の Wavelength Zone に拡張できます。その後、Amazon EC2 インスタンスなどの AWS リソースを使用して、極めて低いレイテンシーやリージョンの AWS サービスへの接続を必要とするアプリケーションを実行できます。詳細については、「AWS Wavelength ゾーン」を参照してください。

オンデマンド キャパシティ予約を作成する場合は、Wavelength Zone を選択し、Wavelength Zone に関連付けられたサブネットを指定することで、Wavelength Zone 内の キャパシティ予約にインスタンスを起動できます。Wavelength Zone は、AWS リージョンコードの末尾に場所を示す識別子を付加して表します (us-east-1-wl1-bos-wlz-1 など)。

Wavelength Zone は、すべてのリージョンで利用できるわけではありません。Wavelength Zone をサポートするリージョンについては、AWS Wavelength デベロッパーガイドの「利用可能な Wavelength Zone」を参照してください。

考慮事項

Wavelength Zone でキャパシティ予約グループを使用することはできません。

Wavelength Zone で キャパシティーの予約 を使用するには

  1. AWS アカウントで Wavelength Zone の使用を有効にします。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「Wavelength Zone の有効化」を参照してください。

  2. Wavelength Zone にキャパシティ予約を作成します。[アベイラビリティーゾーン] で、Wavelength を選択します。Wavelength は、AWS リージョンコードの末尾に場所を示す識別子を付加して表します (us-east-1-wl1-bos-wlz-1 など)。詳細については、キャパシティーの予約 の作成 を参照してください。

  3. Wavelength Zone にサブネットを作成します。[アベイラビリティーゾーン] で、Wavelength Zone を選択します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の「VPC でのサブネットの作成」を参照してください。

  4. インスタンスを起動します。サブネットには、Wavelength Zone のサブネット (subnet-123abc | us-east-1-wl1-bos-wlz-1 など) を選択し、キャパシティーの予約 には、Wavelength で作成した キャパシティーの予約 に必要な仕様 (open または ID で指定したターゲット) を選択します。詳細については、既存の キャパシティーの予約 へのインスタンスの起動 を参照してください。