Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

コンソールからの EBS ボリュームの変更

次の手順では、Amazon EC2 コンソールから利用可能なボリュームの変更を適用する方法を示します。

コンソールを使用して、EBS ボリュームを変更するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. [Volumes] を選択し、変更するボリュームを選択したら、[Actions]、[Modify Volume] の順に選択します。

  3. [Modify Volume] ウィンドウに、ボリューム ID とボリュームの現在の設定 (タイプ、サイズ、IOPS など) が表示されます。これらの設定のいずれかまたはすべてを 1 回のアクションで変更できます。新しい設定値を以下のように設定します。

    • タイプを変更するには、[Volume Type] の値を選択します。

    • サイズを変更するには、許可された整数値を [Size] に入力します。

    • ボリュームタイプとして [Provisioned IOPS (IO1)] を選択した場合は、許可された整数値を [IOPS] に入力します。

  4. 適用する変更のすべてを指定したら、[Modify]、[Yes] の順に選択します。

  5. ボリュームサイズを変更しても、ボリュームのファイルシステムを拡張して新しいストレージ容量を利用するまでは、実際の効果はありません。詳細については、「ボリュームサイズ変更後の Linux ファイルシステムの拡張」を参照してください。