Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EBS-Backed Linux AMI の作成

Amazon EBS-Backed Linux AMI を作成するには、既存の Amazon EBS-Backed Linux AMI から起動したインスタンスから始めます。たとえば、AWS Marketplace から取得した AMI、AWS Server Migration ServiceVM Import/Export を使用して作成した AMI、またはユーザーがアクセス可能なその他の任意の AMI です。ニーズに合わせてインスタンスをカスタマイズしたら、新しい AMI を作成し、登録します。新しい AMI を使用して、カスタマイズした新しいインスタンスを起動できます。

以下に説明された手順は、暗号化された Amazon EBS ボリューム (ルートボリュームを含む) でバックアップされた Amazon EC2 インスタンスにも、暗号化されていないボリューム同様に機能します。

AMI の作成プロセスは、Instance Store-Backed AMI の場合とは異なります。Amazon EBS-Backed インスタンスと Instance store-Backed インスタンスの違いの詳細と、インスタンスのルートデバイスタイプを判別する方法については、「ルートデバイスのストレージ」を参照してください。instance store-backed Linux AMI の作成に関する詳細については、「Instance Store-Backed Linux AMI の作成」を参照してください。

Amazon EBS-backed Windows AMI の作成の詳細については、『Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド』の「Amazon EBS-backed Windows AMI の作成」を参照してください。

Amazon EBS-Backed AMI の作成の概要

最初に、作成する AMI と同様の AMI からインスタンスを起動します。インスタンスに接続し、それをカスタマイズできます。インスタンスを正しく設定したら、AMI を作成する前にインスタンスを停止してデータ整合性を確認してから、次にイメージを作成します。作成した Amazon EBS-backed AMI は自動的に登録されます。

Amazon EC2 がインスタンスをシャットダウンしてから AMI を作成するのは、インスタンス上のすべての動作を停止し、作成プロセス中に一貫した状態が保たれるようにするためです。インスタンスが一貫した状態にあり、適切に AMI を作成できる場合、インスタンスの電源を落として再起動しないように、Amazon EC2 に指定できます。XFS などの一部のファイルシステムでは、アクティビティのフリーズおよびフリーズ解除が可能なため、インスタンスを再起動しなくてもイメージを安全に作成できます。

AMI 作成プロセスの間、Amazon EC2 はインスタンスのルートボリュームとインスタンスにアタッチされているその他の EBS ボリュームのスナップショットを作成します。AMI の登録を解除してスナップショットを削除するまで、スナップショットは課金の対象となります。詳細については、「Linux AMI の登録解除」を参照してください。インスタンスにアタッチされるいずれかのボリュームが暗号化されている場合、新しい AMI は、Amazon EBS 暗号化 をサポートするインスタンスでのみ正常に起動します。詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

ボリュームのサイズによっては、AMI 作成プロセスの完了に数分かかる場合があります (最長で 24 時間かかることもあります)。AMI を作成する前に、ボリュームのスナップショットを作成しておくと、効率が向上する可能性があります。この方法では、AMI を作成する際に作成する必要があるのは小さい差分スナップショットのみになるため、プロセスがよりすばやく完了します (スナップショット作成の合計時間は同じです)。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照してください。

プロセスが完了すると、新しい AMI と、インスタンスのルートボリュームから作成されたスナップショットが与えられます。ユーザーが新しい AMI を使用してインスタンスを起動すると、Amazon はスナップショットを使用して、そのルートボリュームのために新しい EBS ボリュームを作成します。

ルートデバイスボリュームに加えて、インスタンスストアボリュームまたは EBS ボリュームをインスタンスに追加した場合、新しい AMI のブロックデバイスマッピングにこれらのボリュームの情報が含まれ、新しい AMI から起動するインスタンスのブロックデバイスマッピングに自動的にこれらのボリュームの情報が含まれます。新しいインスタンスのブロックデバイスマッピングに指定されているインスタンスストアボリュームは新しく、AMI の作成に使用したインスタンスのインスタンスストアボリュームからのデータは含まれていません。EBS ボリュームのデータは永続的です。詳細については、「ブロックデバイスマッピング」を参照してください。

注記

EBS-backed AMI から新しいインスタンスを作成する場合、本稼働環境に移す前にそのルートボリュームと追加 EBS ストレージの両方を初期化する必要があります。詳細については、「Amazon EBS ボリュームの初期化」を参照してください。

インスタンスからの Linux AMI の作成

AMI は、AWS マネジメントコンソール またはコマンドラインを使用して作成できます。次の図は、実行中の EC2 インスタンスから Amazon EBS-backed AMI を作成するプロセスをまとめたものです。既存の AMI から開始して、インスタンスを起動してカスタマイズし、そこから新しい AMI を作成して、最後に新しい AMI のインスタンスを起動します。以下の図のステップは次の手順のステップに一致しています。


				インスタンスから AMI を作成するワークフロー

コンソールを使用してインスタンスから AMI を作成するには

  1. 新しい AMI の開始点として機能する適切な EBS-backed AMI を選択し、起動に先立って必要に応じて設定します。詳細については、「インスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動する」を参照してください。

  2. [起動] を選択して、選択した EBS-backed AMI のインスタンスを起動します。デフォルト値をそのまま使ってウィザードを完了します。詳細については、「インスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動する」を参照してください。

  3. インスタンスの実行中に、それに接続します。必要に応じてインスタンスで次のアクションを実行してインスタンスをカスタマイズできます。

    • ソフトウェアやアプリケーションをインストールする

    • データをコピーする

    • 起動時間を短縮するために一時ファイルの消去、ハードディスクのデフラグ、占有領域の開放処理を行う。

    • 追加の Amazon EBS ボリュームをアタッチする。

  4. (オプション) インスタンスにアタッチされているすべてのボリュームのスナップショットを作成する。スナップショット作成についての詳細は、Amazon EBS スナップショットの作成 を参照してください。

  5. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択し、インスタンスを選択して、[Actions]、[Image]、[Create Image] の順に選択します。

    ヒント

    このオプションが無効になっている場合、そのインスタンスは Amazon EBS-Backed インスタンスではありません。

  6. [Create Image] ダイアログボックスで、以下の情報を指定し、[Create Image] を選択します。

    • イメージ名 – イメージの一意の名前。

    • イメージの説明 – イメージの説明 (オプション) (最大 255 文字)。

    • 再起動しない – このオプションはデフォルトでは選択されていません。Amazon EC2 はインスタンスをシャットダウンし、アタッチされていたすべてのボリュームのスナップショットを作成し、AMI を作成および登録して、インスタンスを再起動します。インスタンスをシャットダウンしない場合は、[再起動しない] を選択します。

      警告

      [再起動しない] を選択した場合は、作成されたイメージのファイルシステムの整合性は保証されません。

    • インスタンスボリューム – このセクションのフィールドでは、ルートボリュームを変更し、Amazon EBS およびインスタンスストアボリュームを追加できます。各フィールドについては、各フィールドの横の i アイコンで一時停止するとフィールドのヒントが表示されます。いくつかの重要な点を以下に示します。

      • ルートボリュームのサイズを変更するには、[Volume Type] 列で [Root] を見つけ、[Size (GiB)] に目的の値を入力します。

      • [終了時に削除] を選択した場合、この AMI から作成されたインスタンスを終了すると、EBS ボリュームが削除されます。[終了時に削除] をオフにした場合は、インスタンスを終了しても、EBS ボリュームは削除されません。

        注記

        [合わせて削除] により、EBS ボリュームが削除されるかどうかが決まります。インスタンスや AMI には影響ありません。

      • Amazon EBS ボリュームを追加するには、[新しいボリュームの追加] を選択します (新しい行が追加されます)。[Volume Type] で [EBS] を選択し、行のフィールドに入力します。作成した AMI からインスタンスを起動すると、追加したボリュームは自動的にそのインスタンスにアタッチされます。空のボリュームはフォーマットしてマウントする必要があります。スナップショットベースのボリュームはマウントする必要があります。

      • インスタンスストアボリュームを追加するには、「AMI にインスタンスストアボリュームを追加するを参照してください。その後新しい AMI からインスタンスを起動すると、追加されたボリュームは自動的に初期化されてマウントされます。これらのボリュームには、AMI の作成に使用された実行中のインスタンスのインスタンスストアボリュームのデータは含まれません。

  7. 作成中に AMI のステータスを表示するには、ナビゲーションペインで [AMI] を選択します。最初は、ステータスは pending ですが、数分後 available に変わります。

    (オプション) 新しい AMI に作成されたスナップショットを表示するには、[Snapshots (スナップショット)] を選択します。ユーザーがこの AMI からインスタンスを起動すると、Amazon はこのスナップショットを使用して、ルートデバイスボリュームを作成します。

  8. 新しい AMI からインスタンスを起動します。詳細については、「インスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動する」を参照してください。

  9. 新しい実行中インスタンスには、前のステップで適用したカスタム設定がすべて含まれます。

コマンドラインを使用してインスタンスから AMI を作成するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。

スナップショットからの Linux AMI の作成

インスタンスのルートデバイスボリュームのスナップショットがある場合、AWS マネジメントコンソール またはコマンドラインを使用して、そのスナップショットから AMI を作成できます。

重要

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) や SUSE Linux Enterprise Server (SLES) などの一部の Linux ディストリビューションは、AMI に関連付けられた Amazon EC2 の billingProduct コードを使用して、パッケージの更新に関するサブスクリプションのステータスを確認します。EBS スナップショットから AMI を作成すると、この請求コードが保持されないため、このような AMI から起動したインスタンスはパッケージ更新インフラストラクチャに接続できません。これらの Linux ディストリビューションの 1 つに リザーブドインスタンス 製品を購入し、必要な課金コードを含まない AMI を使用してインスタンスを起動すると、リザーブドインスタンス はこれらのインスタンスに適用されません。

同様に、スナップショットから Windows AMI を作成して、その AMI からインスタンスを起動することはできますが、このインスタンスに接続することはできず、また、不正確な課金コードがあるために不正確に課金されることになります。

一般的には、AWS はスナップショットから手動で AMI を作成`しないことをお勧めします。

Windows AMI の作成、または正常に機能する AMI 請求コードを保持する必要がある Linux オペレーティングシステム用の AMI の作成についての詳細は、「インスタンスからの Linux AMI の作成」を参照してください。

コンソールを使用してスナップショットから AMI を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Elastic Block Store] の [Snapshots] を選択します。

  3. スナップショットを選択し、[Actions]、[Create Image] を選択します。

  4. [Create Image from EBS Snapshot] ダイアログボックスで、AMI を作成するためのフィールドに入力し、[Create] を選択します。親インスタンスを再作成する場合は、親インスタンスと同じオプションを選択します。

    • Architecture: 32 ビットの場合は [i386] を、64 ビットの場合は [x86_64] を選択します。

    • Root device name: ルートボリュームの適切な名前を入力します。詳細については、「Linux インスタンスでのデバイスの名前付け」を参照してください。

    • 仮想化タイプ: この AMI から起動されるインスタンスで準仮想化 (PV) またはハードウェア仮想マシン (HVM) のいずれの仮想化を使用するかを選択します。詳細については、「Linux AMI 仮想化タイプ」を参照してください。

    • (PV 仮想化タイプのみ) Kernel ID および RAM disk ID: リストから AKI と ARI を選択します。デフォルトの AKI を選択するか、AKI を選択しない場合、この AMI を使用してインスタンスを起動するたびに AKI を指定する必要があります。また、デフォルトの AKI にインスタンスとの互換性がない場合、インスタンスのヘルスチェックが失敗する可能性があります。

    • (オプション) Block Device Mappings: ボリュームを追加するか、AMI のルートボリュームのデフォルト容量を増やします。ボリュームの容量を増やした場合のインスタンスのファイルシステムのサイズ変更の詳細については、「ボリュームサイズ変更後の Linux ファイルシステムの拡張」を参照してください。

コマンドラインを使用してスナップショットから AMI を作成するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。