Amazon EBS 高速スナップショット復元 - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EBS 高速スナップショット復元

Amazon EBS 高速スナップショット復元 (FSR) を使用するとスナップショットからボリュームを作成でき、このボリュームは作成時に完全に初期化された状態になります。これにより、ブロックの初回アクセス時における I/O オペレーションのレイテンシーがなくなります。高速スナップショット復元を使用して作成されたすべてのボリュームでは、プロビジョンドパフォーマンスがすばやく実現されます。

開始するには、特定のアベイラビリティーゾーンで特定のスナップショットの高速スナップショット復元を有効にします。スナップショットとアベイラビリティーゾーンのペアごとに 1 つの高速スナップショット復元を参照します。高速スナップショット復元が有効になっているアベイラビリティーゾーンの 1 つで、対応するスナップショットからボリュームを作成すると、ボリュームは高速スナップショット復元を使用して復元されます。

高速スナップショット復元は、スナップショットごとに明示的に有効化する必要があります。高速スナップショット復元が有効なスナップショットから復元されたボリュームから、新らたにスナップショットを作成した場合でも、作成されたスナップショットの高速スナップショット復元は、自動的に有効化されません。新しいスナップショットの高速スナップショット復元は、明示的に有効にする必要があります。

高速スナップショット復元のパフォーマンスを十分に活用して復元できるボリュームの数は、スナップショットのボリューム作成クレジットの数によって決まります。詳細については、「ボリューム作成クレジット」を参照してください。

所有しているスナップショットに対しても、共有しているパブリックおよびプライベートスナップショットに対しても、高速スナップショット復元を有効にすることができます。

考慮事項

  • サイズが 16 TiB 以下のスナップショットで、スナップショットの高速復元を有効にできます。

  • 最大 64,000 IOPS および 1,000 MiB/ 秒のスループットでプロビジョニングされたボリュームは、高速スナップショット復元の完全なパフォーマンス上の利点を享受します。64,000 IOPS または 1,000 MiB / 秒のスループットを超えるパフォーマンスでプロビジョニングされたボリュームの場合、完全なパフォーマンスを得るには、ボリュームを初期化する ことをお勧めします。

ボリューム作成クレジット

高速スナップショット復元のパフォーマンスの利点を全面的に享受するボリュームの数は、スナップショットのボリューム作成クレジットの数によって決まります。アベイラビリティーゾーンごとにスナップショットあたり 1 つのクレジットバケットがあります。高速スナップショット復元を有効にしてスナップショットから作成するボリュームごとにクレジットバケットの 1 つのクレジットが消費されます。スナップショットから 1 つの初期化ボリュームを作成するには、バケットに少なくとも 1 つのクレジットが必要です。ボリュームの作成時、バケット内のクレジットが 1 つに満たない場合、この作成には、高速スナップショット復元のメリットを活用できません。

共有しているスナップショットに対して高速スナップショット復元を有効にすると、お客様のアカウントの共有スナップショット用に個別のクレジットバケットが割り当てられます。共有スナップショットからボリュームを作成する場合、クレジットはお客様のクレジットバケットから消費されます。スナップショット所有者のクレジットバケットからは消費されません。

クレジットバケットのサイズおよび補充レートは、スナップショットから作成したボリュームのサイズではなく、スナップショットのサイズによって決まります。

スナップショットの高速スナップショット復元を有効にすると、クレジットバケットはゼロクレジットから始まり、最大クレジット容量に達するまで設定されたレートで補充されます。また、クレジットを消費すると、クレジットバケットは、最大クレジット容量に達するまで時間の経過に伴って補充されます。

クレジットバケットの補充レートは次のように計算されます。

MIN (10, (1024 ÷ snapshot_size_gib))

クレジットバケットのサイズは、次のように計算されます。

MAX (1, MIN (10, (1024 ÷ snapshot_size_gib)))

例えば、スナップショットの高速スナップショット復元をサイズ 128 GiB を指定して有効にすると、補充レートは 0.1333 クレジット/秒になります。

MIN (10, (1024 ÷ 128)) = MIN (10, 8) = 8 credits per hour = 0.1333 credits per minute

クレジットバケットの最大サイズは、8 クレジットです。

MAX (1, MIN (10, (1024 ÷ 128))) = MAX (1, MIN (10, 8)) = MAX (1, 8) = 8 credits

この例では、高速スナップショット復元を有効にすると、クレジットバケットはゼロクレジットで始まります。8 分後、クレジットバケットには初期化されたボリュームを 1 つ作成するのに十分なクレジット (0.1333 credits × 8 minutes = 1.066 credits) があります。クレジットバケットが満杯である場合、同時に 8 個の初期化ボリュームを作成できます (8 クレジット)。バケットが最大容量を下回ると、0.1333 クレジット/秒で補充されます。

Cloudwatch メトリクスを使用して、クレジットバケットのサイズと、各バケットで利用可能なクレジット数をモニタリングすることができます。詳細については、「高速スナップショット復元メトリクス」を参照してください。

高速スナップショット復元を有効にしてスナップショットからボリュームを作成したら、describe-volumes を使用してボリュームを示し、高速スナップショット復元を使用して、ボリュームが初期化されたボリュームとして作成されたかどうかを、出力の fastRestored フィールドで確認することができます。

高速スナップショット復元の管理

高速スナップショット復元を有効または無効にする

デフォルトでは、高速スナップショット復元はスナップショットに対して無効になっています。高速スナップショット復元は、所有しているスナップショットおよび共有しているスナップショットに対して有効または無効にすることができます。スナップショットに対して高速スナップショット復元を有効または無効にすると、その変更はお客様のアカウントにのみ適用されます。

注記

スナップショットに対して高速スナップショット復元を有効にすると、特定のアベイラビリティーゾーンで高速スナップショット復元が有効になっている時間 (分単位) に対してお客様のアカウントに請求されます。最低料金として 1 時間分の料金が請求されます。

所有しているスナップショットを削除すると、お客様のアカウントのそのスナップショットに対して高速スナップショット復元が自動的に無効になります。共有しているスナップショットに対して高速スナップショット復元を有効にし、スナップショット所有者がそのスナップショットを削除または共有解除した場合、お客様のアカウントの共有スナップショットに対して高速スナップショット復元が自動的に無効になります。

共有しているスナップショットで高速スナップショット復元を有効にしており、そのスナップショットがカスタム CMK を使用して暗号化されている場合、スナップショット所有者がカスタム CMK に対するアクセス許可を取り消しても、スナップショットの高速スナップショット復元は自動で無効にはなりません。そのスナップショットに対する高速スナップショット復元は手動で無効にする必要があります。

所有しているスナップショットまたは共有しているスナップショットで高速スナップショット復元を有効または無効にするには、以下のいずれかの方法を使用します。

New console

高速スナップショット復元を有効または無効にするには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. スナップショットを選択し、[Actions] (アクション)、[Manage fast snapshot restore] (スナップショットの高速復元の管理) を選択します。

  4. [Fast snapshot restore settings] (スナップショットの高速復元の設定) セクションには、選択したスナップショットの高速復元を有効にできる、すべてのアベイラビリティーゾーン、ローカルゾーン、Wavelength Zone が一覧表示されます。[Current status] (現在のステータス) のボリュームは、各ゾーンでスナップショットの高速復元が現在有効か無効かを示します。

    現在無効になっているゾーンでスナップショットの高速復元を有効にするには、ゾーンを選択し、次に [Enable] (有効) を選択し、[Enable] (有効) を選択して確定します。

    現在スナップショットの高速復元が有効になっているゾーンで高速復元を無効にするには、ゾーンを選択して、[Disable] (無効) を選択します。

  5. 必要な変更を行ったら、[Close] (閉じる) を選択します。

Old console

高速スナップショット復元を有効または無効にするには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択します。

  3. スナップショットを選択します。

  4. [Actions (アクション)]、[Manage Fast Snapshot Restore (高速スナップショット復元の管理)] の順に選択します。.

  5. アベイラビリティ―ゾーンを選択または選択解除し、[Save (保存)] を選択します。

  6. 有効にした高速スナップショット復元の状態を追跡するには、[説明] タブの [高速スナップショット復元] を確認します。

AWS CLI

AWS CLI を使用して高速スナップショット復元を管理するには

注記

スナップショットの高速スナップショット復元を有効にすると、スナップショットは そのoptimizing 状態になります。optimizing の状態にあるスナップショットを使用しながらボリュームを復元することで、パフォーマンスに関する一定のメリットが得られます。高速スナップショット復元によるパフォーマンス上の最大限のメリットは、状態が enabled になったスナップショットでのみ提供されます。

スナップショットの高速スナップショット復元の状態を表示する

スナップショットの高速スナップショット復元は、以下のいずれかの状態になります。

  • enabling — 高速スナップショット復元の有効化がリクエストされました。

  • optimizing — 高速スナップショット復元の有効化中です。スナップショットの最適化には TiB あたり 60 分を要します。最適化されたスナップショットにより、ボリュームのリストア時のパフォーマンスに関し、一定のメリットが得られます。

  • enabled — 高速スナップショット復元は有効になっています。高速スナップショット復元により、ボリュームのリストア時のパフォーマンスに、最大限のメリットが得られます。

  • disabling — 高速スナップショット復元の無効化がリクエストされました。または、高速スナップショット復元の有効化のリクエストが失敗しました。

  • disabled — 高速スナップショット復元は無効になっています。高速スナップショット復元は必要に応じて再度有効にすることができます。

所有しているスナップショットまたは共有しているスナップショットの高速スナップショット復元の状態を表示するには、以下のいずれかの方法を使用します。

New console

コンソールを使用して高速スナップショット復元の状態を表示するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択します。

  3. スナップショットを選択します。

  4. [Details] (詳細) タブの [Fast snapshot restore] (スナップショットの高速復元) では、スナップショットの高速復元の状態が表示されます。

Old console

コンソールを使用して高速スナップショット復元の状態を表示するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択します。

  3. スナップショットを選択します。

  4. [説明] タブの [スナップショットの高速復元] を参照します。高速スナップショット復元の状態が表示されます。例えば、場合によって「2 Availability Zones optimizing (2 つのアベイラビリティーゾーンが最適化中)」や「2 Availability Zones enabled (2 つのアベイラビリティーゾーンが有効化済み)」の状態が表示されます。

AWS CLI

AWS CLI を使用して高速スナップショット復元が有効になっているスナップショットを表示するには

describe-fast-snapshot-restores コマンドを使用して、高速スナップショット復元が有効になっているスナップショットを参照します。

aws ec2 describe-fast-snapshot-restores --filters Name=state,Values=enabled

出力例を次に示します。

{ "FastSnapshotRestores": [ { "SnapshotId": "snap-0e946653493cb0447", "AvailabilityZone": "us-east-2a", "State": "enabled", "StateTransitionReason": "Client.UserInitiated - Lifecycle state transition", "OwnerId": "123456789012", "EnablingTime": "2020-01-25T23:57:49.596Z", "OptimizingTime": "2020-01-25T23:58:25.573Z", "EnabledTime": "2020-01-25T23:59:29.852Z" }, { "SnapshotId": "snap-0e946653493cb0447", "AvailabilityZone": "us-east-2b", "State": "enabled", "StateTransitionReason": "Client.UserInitiated - Lifecycle state transition", "OwnerId": "123456789012", "EnablingTime": "2020-01-25T23:57:49.596Z", "OptimizingTime": "2020-01-25T23:58:25.573Z", "EnabledTime": "2020-01-25T23:59:29.852Z" } ] }

高速スナップショット復元を使用して復元したボリュームの表示

該当するアベイラビリティーゾーンで高速スナップショット復元が有効になっているスナップショットからボリュームを作成すると、ボリュームは高速スナップショット復元を使用して復元されます。

describe-volumes コマンドを使用して、高速スナップショット復元が有効になっているスナップショットから作成したボリュームを表示します。

aws ec2 describe-volumes --filters Name=fast-restored,Values=true

出力例を次に示します。

{ "Volumes": [ { "Attachments": [], "AvailabilityZone": "us-east-2a", "CreateTime": "2020-01-26T00:34:11.093Z", "Encrypted": true, "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:key/8c5b2c63-b9bc-45a3-a87a-5513e232e843", "Size": 20, "SnapshotId": "snap-0e946653493cb0447", "State": "available", "VolumeId": "vol-0d371921d4ca797b0", "Iops": 100, "VolumeType": "gp2", "FastRestored": true } ] }

高速スナップショット復元のモニタリング

スナップショットに対する高速スナップショット復元の状態が変わると、Amazon EBS によって Amazon CloudWatch Events が発行されます。詳細については、「EBS 高速スナップショット復元イベント」を参照してください。

高速スナップショット復元のクォータ

高速スナップショット復元はリージョンあたり最大 50 のスナップショットに対して有効にすることができます。このクォータは、所有しているスナップショットおよび共有しているスナップショットに適用されます。共有しているスナップショットに対して高速スナップショット復元を有効にすると、お客様の高速スナップショット復元のクォータにカウントされます。スナップショット所有者の高速スナップショット復元のクォータにはカウントされません。

価格と請求

特定のアベイラビリティーゾーンでスナップショットの高速スナップショット復元を有効にしている時間中は、請求が発生します。料金は 1 時間を最小として時間単位で計算されます。

例えば、US-East-1a で 1 か月 (30 日間) にわたり、1 つのスナップショットの高速スナップショット復元を有効にした場合は、540 USD の料金が発生します (1 スナップショット × 1 AZ × 720 時間 × 時間あたり $0.75)。us-east-1aus-east-1b、およびus-east-1cで同じ期間にわたり、2 つのスナップショットの高速スナップショット復元を有効にした場合、発生する料金は、3240 USD になります (2スナップショット × 3AZ × 720時間 × $0.75時間あたり)。

共有されているパブリックまたはプライベートスナップショットに対して高速スナップショット復元を有効にすると、お客様のアカウントに請求されます。スナップショット所有者には請求されません。共有しているスナップショットがスナップショット所有者によって削除または共有解除されると、高速スナップショット復元がお客様のアカウントのスナップショットに対して無効になり、請求が停止されます。

詳細については、「Amazon EBS の料金表」を参照してください。