Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

EC2 フリート 設定例

以下の例で示しているのは、EC2 フリート を作成するための create-fleet コマンドで使用できる起動設定です。詳細については、「EC2 フリート JSON 設定ファイルリファレンス」を参照してください。

例 1: スポットインスタンス をデフォルト購入オプションとして起動する

次の例では、EC2 フリート で必要な最小限のパラメータ (起動テンプレート、ターゲット容量、デフォルト購入オプション) を指定します。起動テンプレートは、起動テンプレート ID とバージョン番号によって識別されます。フリートのターゲット容量は 2 インスタンスであり、デフォルト購入オプションは spot です。この結果、フリートは 2 スポットインスタンス を起動します。

{ "LaunchTemplateConfigs": [ { "LaunchTemplateSpecification": { "LaunchTemplateId": "lt-0e8c754449b27161c", "Version": "1" } } ], "TargetCapacitySpecification": { "TotalTargetCapacity": 2, "DefaultTargetCapacityType": "spot" } }

例 2: オンデマンドインスタンス をデフォルト購入オプションとして起動する

次の例では、EC2 フリート で必要な最小限のパラメータ (起動テンプレート、ターゲット容量、デフォルト購入オプション) を指定します。起動テンプレートは、起動テンプレート ID とバージョン番号によって識別されます。フリートのターゲット容量は 2 インスタンスであり、デフォルト購入オプションは on-demand です。この結果、フリートは 2 オンデマンドインスタンス を起動します。

{ "LaunchTemplateConfigs": [ { "LaunchTemplateSpecification": { "LaunchTemplateId": "lt-0e8c754449b27161c", "Version": "1" } } ], "TargetCapacitySpecification": { "TotalTargetCapacity": 2, "DefaultTargetCapacityType": "on-demand" } }

例 3: オンデマンドインスタンス をプライマリ容量として起動する

次の例では、フリートの合計ターゲット容量を 2 インスタンス、ターゲット容量を 1 オンデマンドインスタンス として指定します。デフォルト購入オプションは spot です。フリートは指定されたとおり 1 オンデマンドインスタンス を起動しますが、合計ターゲット容量を満たすために 1 つ以上のインスタンスを起動する必要があります。購入オプションの差は TotalTargetCapacityOnDemandTargetCapacity = DefaultTargetCapacityType と計算されます。この結果、フリートは 1 スポットインスタンス を起動します。

{ "LaunchTemplateConfigs": [ { "LaunchTemplateSpecification": { "LaunchTemplateId": "lt-0e8c754449b27161c", "Version": "1" } } ], "TargetCapacitySpecification": { "TotalTargetCapacity": 2, "OnDemandTargetCapacity":1, "DefaultTargetCapacityType": "spot" } }

例 4: 最低価格の配分戦略を使用して スポットインスタンス を起動する

スポットインスタンス の配分戦略を指定しない場合、デフォルト配分戦略である lowestPrice が使用されます。次の例では、lowestPrice の配分戦略を使用します。起動テンプレートをオーバーライドする 3 つの起動条件は、インスタンスタイプが異なりますが、加重容量とサブネットは同じです。合計ターゲット容量は 2 インスタンスで、デフォルト購入オプションは spot です。EC2 フリート は、最低価格の起動条件のインスタンスタイプを使用して 2 スポットインスタンス を起動します。

{ "LaunchTemplateConfigs": [ { "LaunchTemplateSpecification": { "LaunchTemplateId": "lt-0e8c754449b27161c", "Version": "1" } "Overrides": [ { "InstanceType": "c4.large", "WeightedCapacity": 1, "SubnetId": "subnet-a4f6c5d3" }, { "InstanceType": "c3.large", "WeightedCapacity": 1, "SubnetId": "subnet-a4f6c5d3" }, { "InstanceType": "c5.large", "WeightedCapacity": 1, "SubnetId": "subnet-a4f6c5d3" } ] } ], "TargetCapacitySpecification": { "TotalTargetCapacity": 2, "DefaultTargetCapacityType": "spot" } }