Amazon EC2 インスタンスのホスト名のタイプ - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EC2 インスタンスのホスト名のタイプ

このセクションでは、VPC サブネットでインスタンスを起動する際に使用できる Amazon EC2 インスタンスのゲスト OS ホスト名のタイプについて説明します。

ホスト名によって、ネットワーク上の EC2 インスタンスが区別されます。たとえば、ネットワーク上の一部またはすべてのインスタンスと通信するスクリプトを実行する場合、インスタンスのホスト名を使用できます。

EC2 ホスト名のタイプ

EC2 インスタンスが VPC で起動されるときのゲスト OS ホスト名には、次の 2 つのホスト名のタイプがあります。

  • [IP name] (IP 名):従来の命名スキームでは、インスタンスの起動時に、インスタンスのプライベート IPv4 アドレスがインスタンスのホスト名に含まれます。IP 名は EC2 インスタンスの存続中に存在します。プライベート DNS ホスト名として使用すると、プライベート IPv4 アドレス (A レコード) のみが返されます。

  • [Resource name] (リソース名): インスタンスを起動すると、EC2 インスタンス ID がインスタンスのホスト名に含まれます。リソース名はEC2 インスタンスの存続中に存在します。プライベート DNS ホスト名として使用すると、プライベート IPv4 アドレス (A レコード) と IPv6 グローバルユニキャストアドレス (AAAA レコード) の両方を返すことができます。

EC2 インスタンスのゲスト OS ホスト名 のタイプはサブネット設定によって異なります。

  • インスタンスが IPv4 専用サブネットで起動された場合、IP 名またはリソース名を選択できます。

  • インスタンスがデュアルスタック (IPv4+IPv6) サブネットで起動されている場合、IP 名またはリソース名を選択できます。

  • インスタンスが IPv6 専用サブネットで起動された場合、リソース名が自動的に使用されます。

IP 名

[IP name] (IP 名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) を使用して EC2 インスタンスを起動すると、ゲスト OS ホスト名がプライベート IPv4 アドレスを使用するように設定されます。

  • us-east-1 でのインスタンスのフォーマット: private-ipv4-address.ec2.internal

  • 例: ip-10-24-34-0.ec2.internal

  • その他の AWS リージョンのインスタンスのフォーマット: private-ipv4-address.region.compute.internal

  • 例: ip-10-24-34-0.us-west-2.compute.internal

リソース名

EC2 インスタンスを IPv6 専用サブネットで起動すると、[Resource name] (リソース名) の[Hostname type] (ホスト名タイプ) がデフォルトで選択されます。IPv4 専用またはデュアルスタック (IPv4+IPv6) サブネットでインスタンスを起動すると、[Resource name] (リソース名) は選択できるオプションです。インスタンスを起動してから、ホスト名設定を管理できます。詳細については、ホスト名のタイプと DNS ホスト名の設定を変更しますを参照してください。

[Resource name] (リソース名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) を使用して EC2 インスタンスを起動すると、ゲスト OS ホスト名が EC2 インスタンス ID を使用するように設定されます。

  • us-east-1 でのインスタンスのフォーマット: ec2-instance-id.ec2.internal

  • 例: i-0123456789abcdef.ec2.internal

  • その他の AWS リージョンのインスタンスのフォーマット: ec2-instance-id.region.compute.internal

  • 例: i-0123456789abcdef.us-west-2.compute.internal

IP 名とリソース名の違い

IP 名とリソース名の両方の DNS クエリが共存して、下位互換性を確保し、ホスト名に対する IP ベースの命名 からリソースベースの命名に移行できます。IP 名に基づくプライベート DNS ホスト名の場合、インスタンスの DNS A レコードクエリに応答するかどうかを設定することはできません。DNS A レコードクエリは、ゲスト OS ホスト名の設定に関係なく、常に応答されます。対照的に、リソース名に基づくプライベート DNS ホスト名の場合、インスタンスの DNS A または DNS AAAA クエリに応答するかどうかを設定できます。インスタンスの起動時またはサブネットの変更時に、レスポンスの動作を設定します。詳細については、ホスト名のタイプと DNS ホスト名の設定を変更しますを参照してください。

リソース名と IP 名が表示される場所

このセクションでは、EC2 コンソールでホスト名タイプのリソース名と IP 名が表示される場所について説明します。

EC2 インスタンスを作成する場合

EC2 インスタンスを作成する際、選択したサブネットのタイプに応じて、[Resource name] (リソース名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) が使用可能になるか、または選択されて変更できない場合があります。このセクションでは、ホスト名タイプのリソース名と IP 名が表示されるシナリオについて説明します。

シナリオ 1

ウィザード (新しいインスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動するを参照) で EC2 インスタンスを作成し、詳細を設定するときに IPv6 専用に設定したサブネットを選択します。

この場合、[Resource name] (リソース名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) は自動的に選択され、変更できません。[Enable IP name IPv4 (A record) DNS requests] (IP 名 IPv4 (A レコード) DNS リクエストを有効にする) の [DNS Hostname] (DNS ホスト名) オプションと [Enable resource-based IPv4 (A record) DNS requests] (リソースベースの IPv4 (A レコード) DNS リクエストを有効にする) は自動的に選択解除され、変更できません。[Enable resource-based IPv6 (AAAA record) DNS requests] (リソースベースの IPv6 (AAAA レコード) DNS リクエストを有効にする) がデフォルトで選択されていますが、変更可能です。選択した場合、リソース名への DNS リクエストはこの EC2 インスタンスの IPv6 アドレス (AAAA レコード) に解決されます。

シナリオ 2

ウィザード (新しいインスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動するを参照) で EC2 インスタンスを作成し、詳細を設定するときに、IPv4 CIDR ブロックまたは IPv4 と IPv6 の両方の CIDR ブロック (「デュアルスタック」) で構成されたサブネットを選択します。

この場合、[Enable IP name IPV4 (A record) DNS requests] (IP 名 IPV4 (A レコード) DNS リクエストを有効にする) は自動的に選択され、変更できません。つまり、IP 名へのリクエストは、この EC2 インスタンスの IPv4 アドレス (A レコード) に解決されます。

オプションはサブネットの設定にデフォルト設定されますが、サブネットの設定に応じてこのインスタンスのオプションを変更できます。

  • [Hostname type] (ホスト名タイプ): EC2 インスタンスのゲスト OS ホスト名をリソース名 をリソース名または IP 名にするかを決定します。デフォルト値は [IP name] (IP 名) です。

  • [Enable resource-based IPv4 (A record) DNS requests] (リソースベースの IPv4 (A レコード) DNS リクエストを有効にする): リソース名へのリクエストが、この EC2 インスタンスのプライベート IPv4 アドレス (A レコード) に解決されるかどうかを決定します。このオプションはデフォルトで選択されていません。

  • [Enable resource-based IPv6 (AAAA record) DNS requests] (リソースベースの IPv6 (AAAA レコード) DNS リクエストを有効にする): リソース名へのリクエストが、この EC2 インスタンスの IPv6 GUA アドレス (AAAA レコード) に解決するかどうかを決定します。このオプションはデフォルトで選択されていません。

既存の EC2 インスタンスの詳細を表示する場合

既存の EC2 インスタンスのホスト名の値は、EC2 インスタンスの [Details] (詳細) タブで確認できます。

  • [Hostname type] (ホスト名タイプ): IP 名またはリソース名形式のホスト名

  • [Private IP DNS name (IPv4 only) ] (プライベート IP DNS 名 (IPv4 専用) ): インスタンスのプライベート IPv4 アドレスに常に解決される IP 名

  • [Private resource DNS name] (プライベートリソース DNS 名): このインスタンス用に選択された DNS レコードに解決されるリソース名

  • [Answer private resource DNS name] (プライベートリソース DNS 名に応答する): リソース名は IPv4 (A)、IPv6 (AAAA)、または IPv4 と IPv6 (A と AAAA) の DNS レコードに解決されます。

さらに、SSH 経由で直接 EC2 インスタンスに接続して、hostnameコマンドを入力すると、ホスト名が IP 名またはリソース名形式で表示されます。

リソース名または IP 名のどちらを選択するかを決めるには

EC2 インスタンス (新しいインスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動するを参照) を起動する際に [Resource name] (リソース名) の [Hostname type] (ホスト名) を選んだ場合、EC2 インスタンスはリソース名形式のホスト名を使用して起動します。このような場合、この EC2 インスタンスの DNS レコードはリソース名を指すこともあります。これにより、そのホスト名はインスタンスの IPv4 アドレス、IPv6 アドレス、または IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方に解決されるように選択する柔軟さを実現します。今後 IPv6 を使用する予定がある場合、あるいは現在デュアルスタックのサブネットを使用している場合、[Resource name] (リソース名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) の使用により、DNS レコード自体に変更を加えることなく、インスタンスのホスト名の DNS 解決を変更できます。リソース名を使用すると、EC2 インスタンスで IPv4 および IPv6 DNS リゾリューションを追加して削除できます。

代わりに [IP name] (IP 名) の [Hostname type] (ホスト名タイプ) を選択し、DNS ホスト名として使用する場合、インスタンスの IPv4 アドレスにのみ解決されます。インスタンスに IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方が関連付けられている場合でも、インスタンスの IPv6 アドレスには解決されません。

ホスト名のタイプと DNS ホスト名の設定を変更します

このセクションの手順に従って、サブネットまたは EC2 インスタンスの起動後にホスト名タイプと DNS ホスト名設定を変更します。

サブネット

VPC コンソールでサブネットを選択し、[Actions] (アクション)、[Edit subnet settings] (サブネット設定の編集) を選択して、サブネットの設定を変更します。

注記

サブネット設定を変更しても、サブネットですでに起動されている EC2 インスタンスの設定は変更されません。

  • [Hostname type] (ホスト名タイプ): サブネットで起動される EC2 インスタンスのゲスト OS ホスト名のデフォルト設定をリソース名または IP 名にするかを決定します。

  • [Enable DNS hostname IPv4 (A record) requests] (DNS ホスト名 IPv4 (A レコード) リクエストを有効にする): リソース名への DNS リクエスト/クエリがこの EC2 インスタンスのプライベート IPv4 アドレス (A レコード) に解決されるかどうかを決定します。

  • [Enable DNS hostname IPv6 (AAAA record) requests] (DNS ホスト名 IPv6 (AAAA レコード) 要求を有効にする): リソース名への DNS リクエスト/クエリがこの EC2 インスタンスの IPv6 アドレス (AAAA レコード) に解決されるかどうかを決定します。

EC2インスタンス

このセクションのステップに従って、EC2 インスタンスのホスト名タイプと DNS ホスト名設定を変更します。

重要
  • [Use resource based name as guest OS hostname] (リソースベース命名をゲスト OS ホスト名として使用) の設定を変更するには、まずインスタンスを停止する必要があります。[Answer DNS hostname IPv4 (A record) request] (DNS ホスト名 IPv4 (A レコード) 要求に応答する) または [Answer DNS hostname IPv6 (AAAA record) requests] (DNS ホスト名 IPv6 (AAAA レコード) 要求に応答する) の設定を変更するには、インスタンスを停止する必要はありません。

  • 非 EBS backed EC2 インスタンスタイプの 設定を変更するには、インスタンスを停止できません。インスタンスを終了し、目的のホスト名タイプと DNS ホスト名の設定で新しいインスタンスを起動する必要があります。

EC2 インスタンスのホスト名タイプと DNS ホスト名の設定を変更するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. [Use resource based naming as guest OS hostname] (リソースベース命名をゲスト OS ホスト名として使用) の設定を変更する場合、まず EC2 インスタンスを停止してください。それ以外の場合は、この手順をスキップしてください。

    インスタンスを停止するには、インスタンスを選択し、[Instance state] (インスタンスの状態)、[Stop instance] (インスタンスの停止) の順に選択します。

  3. インスタンスを選択し、そして [Actions] (アクション)、[Instance settings] (インスタンス設定)、[Change resource based naming options] (リソースベースの命名オプションの変更) を選択します。

    • [Use resource based naming as guest OS hostname] (リソースベース命名をゲスト OS ホスト名として使用):EC2 インスタンスのゲスト OS ホスト名をリソース名または IP 名にするかを決定します。

    • [Answer DNS hostname IPv4 (A record) requests] (DNS ホスト名 IPv4 (A レコード) リクエストに応答する): リソース名への DNS リクエスト/クエリがこの EC2 インスタンスのプライベート IPv4 アドレスに解決されるかどうかを決定します。

    • [Answer DNS hostname IPv6 (AAAA record) requests] (DNS ホスト名 IPv6 (AAAA レコード) 要求に応答する): リソース名への DNS リクエスト/クエリがこの EC2 インスタンスの IPv6 アドレス (AAAA レコード) に解決されるかどうかを決定します。

  4. [Save] を選択します。

  5. インスタンスを停止した後は、インスタンスを再起動します。