Linux 用 EC2Rescue のインストール - Amazon Elastic Compute Cloud

Linux 用 EC2Rescue のインストール

Linux 用 EC2Rescue ツールは、次の前提要件を満たす Amazon EC2 Linux インスタンスにインストールできます。

前提条件
  • サポートされるオペレーティングシステム

    • Amazon Linux 2

    • Amazon Linux 2016.09+

    • SUSE Linux Enterprise Server 12+

    • RHEL 7+

    • Ubuntu 16.04+

  • ソフトウェア要件

    • Python 2.7.9+ または 3.2+

AWSSupport-TroubleshootSSH ランブックは Linux 用 EC2Rescue をインストールし、そのツールを使用して、Linux マシンへの SSH 経由でのリモートからの接続を妨げる、一般的な問題を確認しその修正を試みます。より詳しい情報を確認し、この自動化を実行するには、AWS Support-TroubleshootSSH をご参照ください。

システムに必要な Python バージョンがある場合は、標準ビルドをインストールできます。それ以外の場合は、Python の最小のコピーを含むバンドル済みのビルドをインストールできます。

標準ビルドをインストールするには
  1. 作動している Linux インスタンスから、Linux 用 EC2Rescue ツールをダウンロードします。

    curl -O https://s3.amazonaws.com/ec2rescuelinux/ec2rl.tgz
  2. (オプション) 先に進む前に、オプションで Linux 用 EC2Rescue インストールファイルの署名を検証できます。詳細については、「(オプション) Linux 用 EC2Rescue の署名を検証する」を参照してください。

  3. sha256 ハッシュファイルをダウンロードします。

    curl -O https://s3.amazonaws.com/ec2rescuelinux/ec2rl.tgz.sha256
  4. tarball の整合性を確認します。

    sha256sum -c ec2rl.tgz.sha256
  5. Tarball を解凍します。

    tar -xzvf ec2rl.tgz
  6. ヘルプファイルを表示してインストールを検証します。

    cd ec2rl-<version_number> ./ec2rl help
バンドル済みのビルドをインストールするには

ダウンロードのリンクと制限については、github の「Linux 用 EC2Rescue」を参照してください。