Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Linux 用 EC2Rescue を作動する

ここでは、このツールを使い始めるために実行できる一般的なタスクについて説明します。

Linux 用 EC2Rescue の実行

次の例に示すように Linux 用 EC2Rescue を実行できます。

例: すべてのモジュールを実行します

すべてのモジュールを実行するには、Linux 用 EC2Rescue をオプションを指定せずに実行します。

./ec2rl run

一部のモジュールには、ルートアクセスが必要です。ルートユーザーではない場合、sudo を使用して、以下のようにこれらのモジュールを実行します。

sudo ./ec2rl run

例: 特定のモジュールの実行

特定のモジュールのみを実行するには、--only-modules パラメータを使用します。

./ec2rl run --only-modules=module_name --arguments

たとえば、このコマンドは、dig モジュールを実行して、amazon.com ドメインに対してクエリを実行します。

./ec2rl run --only-modules=dig --domain=amazon.com

例: 結果の表示

結果を /var/temp/ec2rl に表示できます。

cat /var/tmp/ec2rl/logfile_location

例: dig モジュールのログファイルを表示する場合

cat /var/tmp/ec2rl/2017-05-11T15_39_21.893145/mod_out/run/dig.log

結果をアップロードする

AWS サポートが S3 バケットから結果あるいは結果の共有をリクエストする場合、Linux 用 EC2Rescue CLI ツールを使用してそれらをアップロードします。Linux 用 EC2Rescue コマンドの出力によって、使用する必要があるコマンドが提供されます。

例: AWS サポートへの結果のアップロード

./ec2rl upload --upload-directory=/var/tmp/ec2rl/2017-05-11T15_39_21.893145 --support-url="URLProvidedByAWSSupport"

例: S3 バケットに結果をアップロードする

./ec2rl upload --upload-directory=/var/tmp/ec2rl/2017-05-11T15_39_21.893145 --presigned-url="YourPresignedS3URL"

Amazon S3 に署名付きの URL を生成するための詳細については、署名付き URL を使用したオブジェクトのアップロードを参照してください。

バックアップの作成

次のコマンドを使用して、インスタンス、1 つ以上のボリューム、または特定のデバイス ID のバックアップを作成します。

例: Amazon マシンイメージ (AMI) を使用したインスタンスのバックアップ

./ec2rl run --backup=ami

例: インスタンスに関連付けられるすべてのボリュームのバックアップを作成する

./ec2rl run --backup=allvolumes

例: 特定のボリュームをバックアップする

./ec2rl run --backup=volumeID

ヘルプの使用

Linux 用 EC2Rescue には、詳細を説明したヘルプファイルと利用できる各コマンドの構文が含まれています。

例: 全般的なヘルプの表示

./ec2rl help

例: 利用できるモジュールを一覧表示する

./ec2rl list

例: 特定のモジュールのヘルプを表示する

./ec2rl help module_name

たとえば、dig モジュールのヘルプファイルを表示するには、以下のコマンドを使用します。

./ec2rl help dig