Linux インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール - Amazon Elastic Compute Cloud

Linux インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール

NVIDIA GPU がアタッチされたインスタンス (P3 インスタンスや G4dn インスタンスなど) には、適切な NVIDIA ドライバーがインストールされている必要があります。インスタンスタイプに応じて、公開された NVIDIA ドライバーまたは AWS カスタマーのみが使用できる Amazon S3 のドライバーをダウンロードするか、ドライバーが事前インストールされた AMI を使用します。

AMD GPU がアタッチされた Linux インスタンス (G4ad インスタンスなど) に AMD ドライバーをインストールするには、「AMD ドライバーのインストール」を参照してください。Windows インスタンスに NVIDIA ドライバーをインストールするには、「Windows インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール」を参照してください。Linux インスタンスに NVIDIA ドライバーをインストールするには、「Linux インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール」を参照してください。

NVIDIA ドライバーの種類

GPU ベースのインスタンスで使用できる主な種類の NVIDIA ドライバーを次に示します。

Tesla ドライバー

これらのドライバーは主に、機械学習用の並列浮動小数点計算、ハイパフォーマンスコンピューティングアプリケーション用の高速フーリエ変換などの計算タスクに GPU を使用するコンピューティングワークロードを対象としています。

GRID ドライバー

これらのドライバーは、3D モデルや高解像度動画などのコンテンツをレンダリングするプロフェッショナルな視覚化アプリケーションに最適なパフォーマンスを提供することが認定されています。GRID ドライバーを構成すると、2 つのモードをサポートできます。Quadro Virtual Workstation は、GPU あたり 4 台の 4K ディスプレイへのアクセスを提供します。GRID vApps は、RDSH アプリのホスティング機能を提供します。

ゲームドライバー

これらのドライバーはゲーム用に最適化されており、パフォーマンスを向上させるために頻繁に更新されます。これらは GPU あたり単一の 4K ディスプレイをサポートします。

設定モード

Windows では、Tesla ドライバーは Tesla Compute Cluster (TCC) モードで実行するように設定されています。GRID ドライバーとゲームドライバーは、Windows Display Driver Model (WDDM) モードで実行するように設定されています。TCC モードでは、カードはコンピューティングワークロード専用です。WDDM モードでは、カードはコンピューティングワークロードとグラフィックスワークロードの両方をサポートします。

NVIDIA コントロールパネル

NVIDIA コントロールパネルは、GRID およびゲームドライバーでサポートされています。Tesla ドライバーではサポートされていません。

Tesla、GRID、ゲームドライバーでサポートされている API
  • OpenCL、OpenGL、Vulkan

  • NVIDIA CUDA および関連ライブラリ (cuDNN、TensorRT、nvJPEG、cuBLAS など)

  • 動画エンコード用の NVENC と動画デコード用の NVDEC

  • Windows 専用 API: DirectX、Direct2D、DirectX Video Acceleration、DirectX Raytracing

インスタンスタイプ別の使用可能なドライバー

次の表は、GPU インスタンスタイプごとにサポートされている NVIDIA ドライバーをまとめたものです。

インスタンスタイプ Tesla ドライバー GRID ドライバー ゲームドライバー
G3 はい はい いいえ
G4dn はい はい はい
G5 はい はい はい
G5g はい ¹ いいえ いいえ
G6 はい はい いいえ
Gr6 はい はい いいえ
P2 はい いいえ いいえ
P3 はい いいえ いいえ
P4d はい いいえ いいえ
P4de はい いいえ いいえ

¹ この Tesla ドライバーは、ARM64 プラットフォーム固有の最適化されたグラフィックスアプリケーションもサポートしています。

² Marketplace AMI のみを使用

インストールオプション

次のいずれかのオプションを使用して、GPU インスタンスに必要な NVIDIA ドライバーを取得します。

オプション 1: NVIDIA ドライバーがインストールされた AMI

AWS と NVIDIA では、NVIDIA ドライバーがインストールされた、それぞれ異なる Amazon マシンイメージ (AMI) を提供しています。

オペレーティングシステム (OS) プラットフォームに依存する考慮事項を確認するには、ご自分の AMI が該当するタブを選択してください。

Linux

これらの AMI のいずれかを使用してインストールされたドライバーのバージョンを更新するには、バージョンの競合を避けるために、インスタンスから NVIDIA パッケージをアンインストールする必要があります。次のコマンドを使用して、NVIDIA パッケージをアンインストールします。

[ec2-user ~]$ sudo yum erase nvidia cuda

CUDA ツールキットパッケージは、NVIDIA ドライバーに依存します。NVIDIA パッケージをアンインストールすると、CUDA ツールキットが消去されます。NVIDIA ドライバーをインストールした後に、CUDA ツールキットを再インストールする必要があります。

Windows

いずれかの AWS Marketplace 製品を使用してカスタム Windows AMI を作成する場合、GRID ドライバーを確実に動作させるには、AMI は Sysprep を使用して作成された標準イメージである必要があります。

オプション 2: パブリック NVIDIA ドライバー

AWS が提供するオプションには、ドライバーに必要なライセンスが付属しています。または、パブリックドライバーをインストールし、自分のライセンスを使用することもできます。パブリックドライバーをインストールするには、ここで説明するように NVIDIA サイトからドライバーをダウンロードします。

または、パブリックドライバーの代わりに AWS が提供するオプションを使用することもできます。P3 インスタンスで GRID ドライバーを使用するには、オプション 1 の説明に従って AWS Marketplace AMI を使用します。G6、Gr6、G5、G4dn、または G3 インスタンスで GRID ドライバーを使用するには、オプション 1 の説明に従って AWS Marketplace AMI を使用するか、オプション 3: GRID ドライバー (G6、Gr6、G5、G4dn、および G3 インスタンス) の説明に従って AWS が提供する NVIDIA ドライバーをインストールします。

パブリック NVIDIA ドライバーをダウンロードするには

Linux もしくは インスタンスにログインし、http://www.nvidia.com/Download/Find.aspx から、使用するインスタンスタイプに適した 64 ビット NVIDIA ドライバーをダウンロードします。[製品タイプ]、[製品シリーズ]、[製品] の順にクリックし、次の表に示すオプションを使用します。

インスタンス 製品タイプ 製品シリーズ 製品
G3 Tesla M-Class M60
G4dn Tesla T シリーズ T4
G5 ¹ Tesla A シリーズ A10
G5g ² Tesla T シリーズ NVIDIA T4G
G6 ³ Tesla L シリーズ L4
Gr6 ³ Tesla L シリーズ L4
P2 Tesla K シリーズ K80
P3 Tesla V シリーズ V100
P4d Tesla A シリーズ A100
P4de Tesla A シリーズ A100

P54

Tesla H シリーズ H100

¹ G5 インスタンスには、ドライバーバージョン 470.00 以降が必要です。

² G5g インスタンスには、ドライバーバージョン 470.82.01 以降が必要です。オペレーティングシステムは Linux aarch64 です。

³ G6 および Gr6 インスタンスには、ドライバーバージョン 525.0 以降が必要です。

4 P5 インスタンスには、ドライバーバージョン 530 以降が必要です。

Linux で NVIDIA ドライバーをインストールするには

ドライバーのインストールと設定の詳細については、NVIDIA Driver Installation Quickstart Guide を参照してください。

オプション 3: GRID ドライバー (G6、Gr6、G5、G4dn、および G3 インスタンス)

これらのダウンロードは、AWS カスタマーのみが利用できます。ダウンロードすることにより、NVIDIA GRID Cloud エンドユーザーライセンス契約 (EULA) で言及されている AWS ソリューションの要件を遵守するため、お客様は、AMI の開発目的にのみダウンロードしたソフトウェアを NVIDIA L4、NVIDIA A10G、NVIDIA Tesla T4、NVIDIA Tesla M60 のいずれかのハードウェアとともに使用することに同意します。このソフトウェアをインストールすることは、NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement の規約の遵守に同意したものと見なされます。ご使用のオペレーティングシステムの NVIDIA GRID ドライバーのバージョンについては、NVIDIA ウェブサイトの「NVIDIA® 仮想 GPU (vGPU) ソフトウェアマニュアル」を参照してください。

考慮事項
  • G6 および Gr6 インスタンスには GRID 17 以降が必要です。

  • G5 インスタンスには GRID 13.1 以降 (または GRID 12.4 以降) が必要です。

  • G3 インスタンスで GRID ライセンスを機能させるには、AWS が提供する DNS 解決が必要です。

  • IMDSv2 は、NVIDIA ドライバーのバージョン 14.0 以降でのみサポートされています。

  • Windows インスタンスでは、カスタム Windows AMI を使用してインスタンスを起動する場合、GRID ドライバーが確実に動作するように、AMI は Sysprep を使用して作成された、標準化されたイメージである必要があります。

  • NVIDIA GRID ドライバーリリース 17.0 以降では、Windows Server 2019 はサポートされていません。

  • NVIDIA GRID ドライバーリリース 14.2 以降では、Windows Server 2016 はサポートされていません。

インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。

  2. Linux インスタンスに AWS CLI をインストールし、デフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS CLI ユーザーガイドの「AWS Command Line Interface のインストール」を参照してください。

    重要

    ユーザーまたはロールは、[AmazonS3ReadOnlyAccess] ポリシーを含む許可を持っている必要があります。詳細については、「Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー: AmazonS3ReadOnlyAccess」を参照してください。

  3. gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install gcc make
  4. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  5. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  6. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  7. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y gcc kernel-devel-$(uname -r)
  8. 次のコマンドを使用して、GRID ドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/latest/ .

    GRID ドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/
  9. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールを実行するアクセス権限を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64*.run
  10. 次のようにセルフインストールスクリプトを実行して、ダウンロードした GRID ドライバーをインストールします。次に例を示します。

    [ec2-user ~]$ sudo /bin/sh ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run
    注記

    Amazon Linux 2 をカーネルバージョン 5.10 で使用している場合は、次のコマンドを使用して GRID ドライバーをインストールしてください。

    [ec2-user ~]$ sudo CC=/usr/bin/gcc10-cc ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  11. ドライバーが機能していることを確認します。次のコマンドのレスポンスに、インストールされた NVIDIA ドライバーバージョンおよび GPU に関する詳細が表示されます。

    [ec2-user ~]$ nvidia-smi -q | head
  12. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA vGPU ソフトウェアバージョン 14.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  13. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  14. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y gcc kernel-devel-$(uname -r)
  6. NVIDIA グラフィックスカード用の nouveau オープンソースドライバーを無効にします。

    1. nouveau ブラックリストファイルに /etc/modprobe.d/blacklist.conf を追加します。次のコードブロックをコピーして、ターミナルに貼り付けます。

      [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee --append /etc/modprobe.d/blacklist.conf blacklist vga16fb blacklist nouveau blacklist rivafb blacklist nvidiafb blacklist rivatv EOF
    2. /etc/default/grub ファイルを編集して、次の行を追加します。

      GRUB_CMDLINE_LINUX="rdblacklist=nouveau"
    3. Grub 設定を再構築します。

      [ec2-user ~]$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
  7. 次のコマンドを使用して、GRID ドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/latest/ .

    GRID ドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/
  8. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールを実行するアクセス権限を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64*.run
  9. 次のようにセルフインストールスクリプトを実行して、ダウンロードした GRID ドライバーをインストールします。次に例を示します。

    [ec2-user ~]$ sudo /bin/sh ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  10. ドライバーが機能していることを確認します。次のコマンドのレスポンスに、インストールされた NVIDIA ドライバーバージョンおよび GPU に関する詳細が表示されます。

    [ec2-user ~]$ nvidia-smi -q | head
  11. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA vGPU ソフトウェアバージョン 14.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  12. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  13. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

    3. GUI デスクトップ/ワークステーションパッケージをインストールします。

      [ec2-user ~]$ sudo yum groupinstall -y "Server with GUI"
インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo dnf install -y make gcc elfutils-libelf-devel libglvnd-devel kernel-devel-$(uname -r)
  6. 次のコマンドを使用して、GRID ドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/latest/ .

    GRID ドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/
  7. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールを実行するアクセス権限を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64*.run
  8. 次のようにセルフインストールスクリプトを実行して、ダウンロードした GRID ドライバーをインストールします。次に例を示します。

    [ec2-user ~]$ sudo /bin/sh ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  9. ドライバーが機能していることを確認します。次のコマンドのレスポンスに、インストールされた NVIDIA ドライバーバージョンおよび GPU に関する詳細が表示されます。

    [ec2-user ~]$ nvidia-smi -q | head
  10. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA vGPU ソフトウェアバージョン 14.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  11. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  12. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

    3. GUI ワークステーションパッケージをインストールします。

      [ec2-user ~]$ sudo dnf groupinstall -y workstation
Linux インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo dnf install -y make gcc elfutils-libelf-devel libglvnd-devel kernel-devel-$(uname -r)
  6. 次のコマンドを使用して、GRID ドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/latest/ .

    GRID ドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/
  7. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールを実行するアクセス権限を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64*.run
  8. 次のようにセルフインストールスクリプトを実行して、ダウンロードした GRID ドライバーをインストールします。次に例を示します。

    [ec2-user ~]$ sudo /bin/sh ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  9. ドライバーが機能していることを確認します。次のコマンドのレスポンスに、インストールされた NVIDIA ドライバーバージョンおよび GPU に関する詳細が表示されます。

    [ec2-user ~]$ nvidia-smi -q | head
  10. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA vGPU ソフトウェアバージョン 14.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  11. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  12. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    $ sudo apt-get update -y
  3. (Ubuntu) 最新バージョンを受け取るには、linux-aws パッケージをアップグレードします。

    $ sudo apt-get upgrade -y linux-aws

    (Debian) 最新バージョンを受け取るには、パッケージをアップグレードします。

    $ sudo apt-get upgrade -y
  4. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    $ sudo reboot
  5. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  6. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    $ sudo apt-get install -y gcc make linux-headers-$(uname -r)
  7. NVIDIA グラフィックスカード用の nouveau オープンソースドライバーを無効にします。

    1. nouveau ブラックリストファイルに /etc/modprobe.d/blacklist.conf を追加します。次のコードブロックをコピーして、ターミナルに貼り付けます。

      $ cat << EOF | sudo tee --append /etc/modprobe.d/blacklist.conf blacklist vga16fb blacklist nouveau blacklist rivafb blacklist nvidiafb blacklist rivatv EOF
    2. /etc/default/grub ファイルを編集して、次の行を追加します。

      GRUB_CMDLINE_LINUX="rdblacklist=nouveau"
    3. Grub 設定を再構築します。

      $ sudo update-grub
  8. 次のコマンドを使用して、GRID ドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    $ aws s3 cp --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/latest/ .

    GRID ドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    $ aws s3 ls --recursive s3://ec2-linux-nvidia-drivers/
  9. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールを実行するアクセス権限を追加します。

    $ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64*.run
  10. 次のようにセルフインストールスクリプトを実行して、ダウンロードした GRID ドライバーをインストールします。次に例を示します。

    $ sudo /bin/sh ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  11. ドライバーが機能していることを確認します。次のコマンドのレスポンスに、インストールされた NVIDIA ドライバーバージョンおよび GPU に関する詳細が表示されます。

    $ nvidia-smi -q | head
  12. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA vGPU ソフトウェアバージョン 14.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    $ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    $ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  13. インスタンスを再起動します。

    $ sudo reboot
  14. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

    3. GUI デスクトップ/ワークステーションパッケージをインストールします。

      $ sudo apt-get install -y lightdm ubuntu-desktop
Windows インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには
  1. Windows インスタンスに接続し、PowerShell ウィンドウを開きます。

  2. Windows インスタンスで AWS Tools for Windows PowerShell のデフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイドの「AWS Tools for Windows PowerShell の使用開始」を参照してください。

    重要

    ユーザーまたはロールは、[AmazonS3ReadOnlyAccess] ポリシーを含む許可を持っている必要があります。詳細については、「Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー: AmazonS3ReadOnlyAccess」を参照してください。

  3. 次の PowerShell コマンドを使用して、ドライバーと NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement を Amazon S3 からデスクトップにダウンロードします。

    $Bucket = "ec2-windows-nvidia-drivers" $KeyPrefix = "latest" $LocalPath = "$home\Desktop\NVIDIA" $Objects = Get-S3Object -BucketName $Bucket -KeyPrefix $KeyPrefix -Region us-east-1 foreach ($Object in $Objects) { $LocalFileName = $Object.Key if ($LocalFileName -ne '' -and $Object.Size -ne 0) { $LocalFilePath = Join-Path $LocalPath $LocalFileName Copy-S3Object -BucketName $Bucket -Key $Object.Key -LocalFile $LocalFilePath -Region us-east-1 } }

    NVIDIA GRID ドライバの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。-KeyPrefix $KeyPrefix オプションを削除すると、使用可能なすべての Windows バージョンをバケットにダウンロードできます。ご使用のオペレーティングシステムの NVIDIA GRID ドライバーのバージョンについては、NVIDIA ウェブサイトの「NVIDIA® 仮想 GPU (vGPU) ソフトウェアマニュアル」を参照してください。

    GRID バージョン 11.0 以降では、G3 インスタンスと G4dn インスタンスの両方で latest のドライバーを使用できます。11.0 より後のバージョンは g4/latest に追加されませんが、バージョン 11.0 および G4dn に固有の以前のバージョンは g4/latest に保持されます。

    G5 インスタンスには GRID 13.1 以降 (または GRID 12.4 以降) が必要です。

  4. デスクトップに移動し、インストールファイルをダブルクリックして起動します (インスタンスの OS バージョンに該当するドライバーバージョンを選択してください)。ドライバーをインストールする手順にしたがい、必要に応じてインスタンスを再起動します。GPU が正しく動作していることを確認するには、デバイスマネージャーをチェックします。

  5. (オプション) 次のコマンドを使用してコントロールパネルでライセンスページを無効化し、ユーザーが誤ってプロダクトキーを変更することを回避します (NVIDIA GRID 仮想ワークステーションはデフォルトで有効になっています)。詳細については、GRID Licensing User Guide を参照してください。

    PowerShell

    次の PowerShell コマンドを実行してレジストリ値を作成し、コントロールパネルのライセンスページを無効にします。デフォルトでは、AWS Windows AMI の AWS Tools for PowerShell は 32 ビットバージョンであり、このコマンドは失敗します。代わりに、オペレーティングシステムに付属する 64 ビットバージョンの PowerShell を使用してください。

    New-Item -Path "HKLM:\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global" -Name GridLicensing New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global\GridLicensing" -Name "NvCplDisableManageLicensePage" -PropertyType "DWord" -Value "1"
    コマンドプロント

    次のレジストリコマンドを実行してレジストリ値を作成し、コントロールパネルのライセンスページを無効にします。コマンドプロンプトウィンドウまたは 64 ビットバージョンの PowerShell を使用してコマンドを実行できます。

    reg add "HKLM\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global\GridLicensing" /v NvCplDisableManageLicensePage /t REG_DWORD /d 1
  6. (オプション) ユースケースによっては、以下のオプションのステップを実行できます。この機能が必要ない場合は、以下のステップを実行しないでください。

    1. 最大 4K の解像度のディスプレイを 4 台活用するには、高性能ディスプレイプロトコル NICE DCV を設定します。

    2. NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスで NVIDIA GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化する」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

オプション 4: NVIDIA ゲームドライバー (G5 および G4dn インスタンス)

これらのドライバーは、AWS カスタマーのみが利用できます。これらをダウンロードすることで、ダウンロードしたソフトウェアは、NVIDIA A10G および NVIDIA Tesla T4 ハードウェアで、AMI の開発目的のみに使用することに同意したことになります。このソフトウェアをインストールすることは、NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement の規約の遵守に同意したものと見なされます。

考慮事項
  • G3 インスタンスで GRID ライセンスを機能させるには、AWS が提供する DNS 解決が必要です。

  • IMDSv2 は、NVIDIA ドライバーのバージョン 495.x 以降でのみサポートされています。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。

  2. Linux インスタンスに AWS CLI をインストールし、デフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS CLI ユーザーガイドの「AWS Command Line Interface のインストール」を参照してください。

    重要

    ユーザーまたはロールは、[AmazonS3ReadOnlyAccess] ポリシーを含む許可を持っている必要があります。詳細については、「Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー: AmazonS3ReadOnlyAccess」を参照してください。

  3. gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install gcc make
  4. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  5. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  6. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  7. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y gcc kernel-devel-$(uname -r)
  8. 次のコマンドを使用して、ゲームドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://nvidia-gaming/linux/latest/ .

    ゲームドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://nvidia-gaming/linux/
  9. ダウンロードした .zip アーカイブから、ゲームドライバーのインストールユーティリティを抽出します。

    [ec2-user ~]$ unzip latest-driver-name.zip -d nvidia-drivers
  10. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールユーティリティを実行するためのアクセス許可を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x nvidia-drivers/NVIDIA-Linux-x86_64*-grid.run
  11. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    [ec2-user ~]$ sudo ./nvidia-drivers/NVIDIA-Linux-x86_64*.run
    注記

    Amazon Linux 2 をカーネルバージョン 5.10 で使用している場合は、次のコマンドを使用して NVIDIA ゲームドライバーをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo CC=/usr/bin/gcc10-cc ./NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  12. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee -a /etc/nvidia/gridd.conf vGamingMarketplace=2 EOF
  13. 次のコマンドを使用して認証ファイルをダウンロードし、名前を変更します。

    • バージョン 460.39 以降:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertLinux_2023_9_22.cert"
    • バージョン 440.68 から 445.48:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2020_04.cert"
    • それより前のバージョン:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2019_09.cert"
  14. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA ドライバーバージョン 510.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  15. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  16. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y unzip gcc kernel-devel-$(uname -r)
  6. NVIDIA グラフィックスカード用の nouveau オープンソースドライバーを無効にします。

    1. nouveau ブラックリストファイルに /etc/modprobe.d/blacklist.conf を追加します。次のコードブロックをコピーして、ターミナルに貼り付けます。

      [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee --append /etc/modprobe.d/blacklist.conf blacklist vga16fb blacklist nouveau blacklist rivafb blacklist nvidiafb blacklist rivatv EOF
    2. /etc/default/grub ファイルを編集して、次の行を追加します。

      GRUB_CMDLINE_LINUX="rdblacklist=nouveau"
    3. Grub 設定を再構築します。

      [ec2-user ~]$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
  7. 次のコマンドを使用して、ゲームドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://nvidia-gaming/linux/latest/ .

    ゲームドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://nvidia-gaming/linux/
  8. ダウンロードした .zip アーカイブから、ゲームドライバーのインストールユーティリティを抽出します。

    [ec2-user ~]$ unzip vGPUSW-*vGaming-Linux-Guest-Drivers.zip -d nvidia-drivers
  9. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールユーティリティを実行するためのアクセス許可を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*-grid.run
  10. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    [ec2-user ~]$ sudo ./nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  11. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee -a /etc/nvidia/gridd.conf vGamingMarketplace=2 EOF
  12. 次のコマンドを使用して認証ファイルをダウンロードし、名前を変更します。

    • バージョン 460.39 以降:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertLinux_2023_9_22.cert"
    • バージョン 440.68 から 445.48:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2020_04.cert"
    • それより前のバージョン:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2019_09.cert"
  13. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA ドライバーバージョン 510.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  14. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  15. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。この機能が必要ない場合は、このステップを実行しないでください。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo yum install -y unzip gcc kernel-devel-$(uname -r)
  6. 次のコマンドを使用して、ゲームドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://nvidia-gaming/linux/latest/ .

    ゲームドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://nvidia-gaming/linux/
  7. ダウンロードした .zip アーカイブから、ゲームドライバーのインストールユーティリティを抽出します。

    [ec2-user ~]$ unzip vGPUSW-*vGaming-Linux-Guest-Drivers.zip -d nvidia-drivers
  8. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールユーティリティを実行するためのアクセス許可を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*-grid.run
  9. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    [ec2-user ~]$ sudo ./nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  10. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee -a /etc/nvidia/gridd.conf vGamingMarketplace=2 EOF
  11. 次のコマンドを使用して認証ファイルをダウンロードし、名前を変更します。

    • バージョン 460.39 以降:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertLinux_2023_9_22.cert"
    • バージョン 440.68 から 445.48:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2020_04.cert"
    • それより前のバージョン:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2019_09.cert"
  12. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA ドライバーバージョン 510.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  13. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  14. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    [ec2-user ~]$ sudo yum update -y
  3. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  4. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  5. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    [ec2-user ~]$ sudo dnf install -y unzip gcc make elfutils-libelf-devel libglvnd-devel kernel-devel-$(uname -r)
  6. 次のコマンドを使用して、ゲームドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    [ec2-user ~]$ aws s3 cp --recursive s3://nvidia-gaming/linux/latest/ .

    ゲームドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    [ec2-user ~]$ aws s3 ls --recursive s3://nvidia-gaming/linux/
  7. ダウンロードした .zip アーカイブから、ゲームドライバーのインストールユーティリティを抽出します。

    [ec2-user ~]$ unzip vGPUSW-*vGaming-Linux-Guest-Drivers.zip -d nvidia-drivers
  8. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールユーティリティを実行するためのアクセス許可を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*-grid.run
  9. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    [ec2-user ~]$ sudo ./nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  10. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    [ec2-user ~]$ cat << EOF | sudo tee -a /etc/nvidia/gridd.conf vGamingMarketplace=2 EOF
  11. 次のコマンドを使用して認証ファイルをダウンロードし、名前を変更します。

    • バージョン 460.39 以降:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertLinux_2023_9_22.cert"
    • バージョン 440.68 から 445.48:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2020_04.cert"
    • それより前のバージョン:

      [ec2-user ~]$ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2019_09.cert"
  12. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA ドライバーバージョン 510.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    [ec2-user ~]$ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    [ec2-user ~]$ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  13. インスタンスを再起動します。

    [ec2-user ~]$ sudo reboot
  14. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。gcc および make をインストールします (まだインストールされていない場合)。

  2. パッケージのキャッシュを更新し、インスタンスのためにパッケージを更新します。

    $ sudo apt-get update -y
  3. 最新バージョンにするには、linux-aws パッケージにアップグレードします。

    $ sudo apt-get upgrade -y linux-aws
  4. インスタンスを再起動して、最新のカーネルバージョンを読み込みます。

    $ sudo reboot
  5. 再起動後にインスタンスに再接続します。

  6. 現在実行しているカーネルのバージョン用の gcc コンパイラおよびカーネルヘッダーパッケージをインストールします。

    $ sudo apt-get install -y unzip gcc make linux-headers-$(uname -r)
  7. NVIDIA グラフィックスカード用の nouveau オープンソースドライバーを無効にします。

    1. nouveau ブラックリストファイルに /etc/modprobe.d/blacklist.conf を追加します。次のコードブロックをコピーして、ターミナルに貼り付けます。

      $ cat << EOF | sudo tee --append /etc/modprobe.d/blacklist.conf blacklist vga16fb blacklist nouveau blacklist rivafb blacklist nvidiafb blacklist rivatv EOF
    2. /etc/default/grub ファイルを編集して、次の行を追加します。

      GRUB_CMDLINE_LINUX="rdblacklist=nouveau"
    3. Grub 設定を再構築します。

      $ sudo update-grub
  8. 次のコマンドを使用して、ゲームドライバーインストールユーティリティをダウンロードします。

    $ aws s3 cp --recursive s3://nvidia-gaming/linux/latest/ .

    ゲームドライバーの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。使用可能なバージョンをすべて表示するには、次のコマンドを使用します。

    $ aws s3 ls --recursive s3://nvidia-gaming/linux/
  9. ダウンロードした .zip アーカイブから、ゲームドライバーのインストールユーティリティを抽出します。

    $ unzip vGPUSW-*vGaming-Linux-Guest-Drivers.zip -d nvidia-drivers
  10. 次のコマンドを使用して、ドライバーのインストールユーティリティを実行するためのアクセス許可を追加します。

    $ chmod +x nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*-grid.run
  11. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    $ sudo ./nvidia-drivers/Linux/NVIDIA-Linux-x86_64*.run

    プロンプトが表示されたら、ライセンス契約を受諾し、必要に応じてインストールオプションを指定します (デフォルトのオプションを使用できます)。

  12. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    $ cat << EOF | sudo tee -a /etc/nvidia/gridd.conf vGamingMarketplace=2 EOF
  13. 次のコマンドを使用して認証ファイルをダウンロードし、名前を変更します。

    • バージョン 460.39 以降:

      $ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertLinux_2023_9_22.cert"
    • バージョン 440.68 から 445.48:

      $ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2020_04.cert"
    • それより前のバージョン:

      $ sudo curl -o /etc/nvidia/GridSwCert.txt "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Linux_2019_09.cert"
  14. G4dn、G5 または G5g インスタンスで NVIDIA ドライバーバージョン 510.x 以降を使用している場合は、次のコマンドで GSP を無効にします。これが必要な理由の詳細については、「NVIDIA のドキュメント」をご覧ください。

    $ sudo touch /etc/modprobe.d/nvidia.conf
    $ echo "options nvidia NVreg_EnableGpuFirmware=0" | sudo tee --append /etc/modprobe.d/nvidia.conf
  15. インスタンスを再起動します。

    $ sudo reboot
  16. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。この機能が必要ない場合は、このステップを実行しないでください。

インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールする前に、すべてのゲームドライバーについて説明した考慮事項に加えて、次の前提条件が満たされていることを確認する必要があります。

  • カスタム Windows AMI を使用して Windows インスタンスを起動する場合、ゲームドライバーが動作するように、AMI は Sysprep を使用して作成された標準化されたイメージである必要があります。

  • Windows インスタンスで AWS Tools for Windows PowerShell のデフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイドの「AWS Tools for Windows PowerShell の使用開始」を参照してください。

  • ユーザーまたはロールは、AmazonS3ReadOnlyAccess ポリシーを含む許可を持っている必要があります。詳細については、「Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー: AmazonS3ReadOnlyAccess」を参照してください。

Windows インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには
  1. Windows インスタンスに接続し、PowerShell ウィンドウを開きます。

  2. 次の PowerShell コマンドを使用して、ゲームドライバーをダウンロードしてインストールします。

    $Bucket = "nvidia-gaming" $KeyPrefix = "windows/latest" $LocalPath = "$home\Desktop\NVIDIA" $Objects = Get-S3Object -BucketName $Bucket -KeyPrefix $KeyPrefix -Region us-east-1 foreach ($Object in $Objects) { $LocalFileName = $Object.Key if ($LocalFileName -ne '' -and $Object.Size -ne 0) { $LocalFilePath = Join-Path $LocalPath $LocalFileName Copy-S3Object -BucketName $Bucket -Key $Object.Key -LocalFile $LocalFilePath -Region us-east-1 } }

    NVIDIA GRID ドライバーの複数のバージョンがこの S3 バケットに保存されます。$KeyPrefix 変数の値を「windows/latest」から「windows」に変更すると、バケット内の使用可能なすべてのバージョンをダウンロードできます。

  3. デスクトップに移動し、インストールファイルをダブルクリックして起動します (インスタンスの OS バージョンに該当するドライバーバージョンを選択してください)。ドライバーをインストールする手順にしたがい、必要に応じてインスタンスを再起動します。GPU が正しく動作していることを確認するには、デバイスマネージャーをチェックします。

  4. ドライバーを登録するには、以下のいずれかの方法を使用します。

    Version 527.27 or above

    64 ビットバージョンの PowerShell または コマンドプロンプトウィンドウで次のレジストリキーを作成します。

    キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nvlddmkm\Global

    名前: vGamingMarketplace

    タイプ: DWord

    値: 2

    PowerShell

    このレジストリ値を作成するには、次の PowerShell コマンドを実行します。デフォルトでは、AWS Windows AMI の AWS Tools for PowerShell は 32 ビットバージョンであり、このコマンドは失敗します。代わりに、オペレーティングシステムに付属する 64 ビットバージョンの PowerShell を使用してください。

    New-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nvlddmkm\Global" -Name "vGamingMarketplace" -PropertyType "DWord" -Value "2"
    コマンドプロント

    このレジストリ値を作成するには、次のレジストリコマンドを実行します。コマンドプロンプトウィンドウまたは 64 ビットバージョンの PowerShell を使用してコマンドを実行できます。

    reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nvlddmkm\Global" /v vGamingMarketplace /t REG_DWORD /d 2
    Earlier versions

    64 ビットバージョンの PowerShell または コマンドプロンプトウィンドウで次のレジストリキーを作成します。

    キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global

    名前: vGamingMarketplace

    タイプ: DWord

    値: 2

    PowerShell

    このレジストリ値を作成するには、次の PowerShell コマンドを実行します。デフォルトでは、AWS Windows AMI の AWS Tools for PowerShell は 32 ビットバージョンであり、このコマンドは失敗します。代わりに、オペレーティングシステムに付属する 64 ビットバージョンの PowerShell を使用してください。

    New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global" -Name "vGamingMarketplace" -PropertyType "DWord" -Value "2"
    コマンドプロント

    次のレジストリコマンドを実行して、コマンドプロンプトウィンドウでこのレジストリキーを作成します。このコマンドは 64 ビットバージョンの PowerShell でも使用できます。

    reg add "HKLM\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global" /v vGamingMarketplace /t REG_DWORD /d 2
  5. PowerShell で、次のコマンドを実行します。これにより、証明書ファイルがダウンロードされ、ファイル GridSwCert.txt の名前が変更され、ファイルがシステムドライブのパブリックドキュメントフォルダに移動されます。通常、フォルダパスは C:\Users\Public\Documents です。

    • バージョン 461.40 以降:

      Invoke-WebRequest -Uri "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCertWindows_2023_9_22.cert" -OutFile "$Env:PUBLIC\Documents\GridSwCert.txt"
    • バージョン 445.87:

      Invoke-WebRequest -Uri "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Windows_2020_04.cert" -OutFile "$Env:PUBLIC\Documents\GridSwCert.txt"
    • それより前のバージョン:

      Invoke-WebRequest -Uri "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Windows_2019_09.cert" -OutFile "$Env:PUBLIC\Documents\GridSwCert.txt"
    注記

    ファイルのダウンロード時にエラーが表示され、Windows Server 2016 以前のバージョンを使用している場合は、PowerShell ターミナルで TLS 1.2 を有効にする必要がある場合があります。次のコマンドで現在の PowerShell セッションの TLS 1.2 を有効にしてから、もう一度試してください。

    [Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12
  6. インスタンスを再起動します。

  7. 次のコマンドを使用して、NVIDIA のゲーミングライセンスを検証します。

    C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\nv_dispswi.inf_*\nvidia-smi.exe -q

    出力は次の例のようになります。

    vGPU Software Licensed Product Product Name : NVIDIA Cloud Gaming License Status : Licensed (Expiry: N/A)
  8. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。この機能が必要ない場合は、このステップを実行しないでください。

CUDA の追加バージョンのインストール

インスタンスに NVIDIA グラフィックスドライバーをインストールした後、グラフィックスドライバーにバンドルされているバージョン以外の CUDA をインストールできます。以下の手順では、インスタンスで CUDA の複数のバージョンを設定する方法を示しています。

CUDA ツールキットをインストールするには
  1. Linux インスタンスに接続します。

  2. NVIDIA ウェブサイトを開き、必要な CUDA のバージョンを選択します。

  3. インスタンスのオペレーティングシステムのアーキテクチャ、ディストリビューション、バージョンを選択します。[Installer Type (インストーラタイプ)] で、[runfile (local) (runfile (ローカル))] を選択します。

  4. 手順に従ってインストールスクリプトをダウンロードします。

  5. 以下のコマンドを使用してダウンロードしたインストールスクリプトに対する実行アクセス許可を追加します。

    [ec2-user ~]$ chmod +x downloaded_installer_file
  6. 以下のようにインストールスクリプトを実行して、CUDA ツールキットをインストールし、CUDA のバージョン番号をツールキットのパスに追加します。

    [ec2-user ~]$ sudo sh downloaded_installer_file --silent --override --toolkit --samples --toolkitpath=/usr/local/cuda-version --samplespath=/usr/local/cuda --no-opengl-libs
  7. (オプション) CUDA のデフォルトバージョンを以下のように設定します。

    [ec2-user ~]$ sudo ln -s /usr/local/cuda-version /usr/local/cuda